Kindle 幻冬舎最大50%OFFのセール!気になる本10作品

読書

AmazonKindleストアにて、2017年9月15日から2017年9月28日までの間、幻冬舎から出版されている対象タイトルの本が、最大50%OFFになるセールが開催されています。

対象タイトルの中で気になった本を紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル大

持たない幸福論 働きたくない、家族を作らない、お金に縛られない

「正社員にならねば」「結婚しなければ」「子どもを作らねば」「老後に備えなければ」……「こうあらねば」が人を追いつめている。

生きるのが苦しいときは、世間の価値観や周りの意見にとらわれずに、自分が好きなものに立ち返るといい。

仕事や家族やお金に頼らず、社会の中に自分の居場所を見つけ、そこそこ幸せに生きる方法を、京大卒の元ニートが提唱。

京大卒の元ニート、phaさんが提唱するこれからの生き方。

「正社員にならねば」「結婚しなければ」「子供を作らねば」など「こうあらねば」という、いわゆる「真っ当な生き方」は、私も息苦しさを感じているので、非常に興味深いです。

ひきこもらない

家を出て街に遊ぶ。
お金と仕事と家族がなくても、人生は続く。
東京のすみっこに猫2匹と住まう京大卒、元ニートの生き方。

同じくphaさんの作品。「チェーン店以外に行くのが怖い」に共感。

また、意味もなく行くあてもない旅に出るっていうのもいい。計画を立てて旅行にいく時って目的をこなすために、セカセカするのがしんどいんですよね。

ゆるく楽しく生きていくための気づきが、他にもたくさんありそうです。

やめてみた。本当に必要なものが見えてくる暮らし方・考え方

これまで当たり前のように使ってきた道具や、こうしなきゃ・・・と思っていたこと、つい囚われてしまう考え方の癖、そういったものを1つ1つ仕分けして「やめて」みる。

そんな試行錯誤を繰り返しているうちに、いつしか生きるのがラクになっていく、そんな著者のクスっと笑える奮闘を描いています。

読んでいるうちに心の中からすっきりしていく1冊です。

あなたがやらなければと思っていたことは、先入観や思い込みだったんだよということに気づかせてくれるそんな一冊。

人間関係、友人関係に関することが、特に反響が大きかったようです。

コミックエッセイで読みやすそうですし、絵がほんわかしてていいですね。

新版 お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 知的人生設計のすすめ(幻冬舎文庫)

自由な人生を誰もが願う。国、会社、家族に依存せず生きるには経済的独立すなわち十分な資産が必要だ。

1億円の資産保有を経済的独立とすれば欧米や日本では特別な才は要らず勤勉と倹約それに共稼ぎで目標に到達する。

黄金の羽根とは制度の歪みがもたらす幸運のこと。手に入れると大きな利益を得る。誰でもできる「人生の利益の最大化」とその方法。

2014年に発売されたものの改訂版になります。

私は改訂前の方を読みましたが、お金の勉強をしたいと思うなら、まず読んでおきたい良本です。

特に世界にひとつしかないお金持ちの方程式の章に出てくる3つの方法は、資産形成の上で基本かつ重要なポイントです。

他にも資産運用や生命保険、住宅ローンなどお金に関する様々なことが書かれているので、これらの知識を深めたい人は是非。

多動力(NewsPicks Book)

すべての産業が「水平分業型モデル」となり、結果〝タテの壁〟が溶けていく。この、かつてない時代に求められるのは、各業界を軽やかに越えていく「越境者」だ。

そして、「越境者」に最も必要な能力が、次から次に自分が好きなことをハシゴしまくる「多動力」なのだ。

この『多動力』は渾身の力で書いた。「多動力」を身につければ、仕事は楽しくなり、人生は充実すると確信しているからだ。

ライブドアで世間を賑わせたホリエモンの作品。

「バカ真面目の洗脳を解け」、「サルのようにハマり鳩のように飽きよ」「自分の時間を取り戻そう」、「人生に目的なんていらない」など興味深いことが書かれています。

Amazonレビューの数も評価も高く、私が見たときではKindle本ランキング1位になっていました。すごく気になります。

ツレがうつになりまして。

スーパーサラリーマンだったツレがある日、突然「死にたい」とつぶやいた。会社の激務とストレスでうつ病になってしまったのだ。明るくがんばりやだったツレが、後ろ向きのがんばれない人間になった。もう元気だったツレは戻ってこないの?病気と闘う夫を愛とユーモアで支える日々を描き、大ベストセラーとなった感動の純愛コミックエッセイ。

題名はよく目にしたことがありましたが、実際に読んだことはなかった作品です。

うつ病に関しては、私も昔そうでしたし、今も万全とは言えない状態なので、親近感を感じます。

Amazonレビューの評価もいいのでこの機会にポチっと購入。

幻冬舎新書

仕事なんか生きがいにするな 生きる意味を再び考える(幻冬舎新書)

過敏で傷つきやすい人たち(幻冬舎新書)

人生を半分あきらめて生きる(幻冬舎新書)

孤独の価値(幻冬舎新書)

他にもたくさんセール対象の作品がありましたが、その中から幻冬舎新書で4冊。

私が今、興味関心を持っているものでセール対象になっていた作品です。

改めて見ると、上記のphaさんやわたなべぽんさんの作品と似たタイプの作品ですね。

今の私の悩み、モヤモヤの原因がこのあたりの感情なのかもしれません。

以上気になる10作品でした。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

フォローする