パーマリンク変更ついでにAMPに対応させてみた

AMP対応

先日思い切ってパーマリンクを変更したのですが、面倒ついでにAMPも対応させちゃえと思い勢いでやってみました。転んでもただでは起きませぬぞ。

スポンサーリンク
レクタングル大

そもそもAMPって?

AMPとはAccelerated Mobile Pagesの略でモバイル端末での表示速度が高速になったページのことです。GoogleとTwitterが共同で立ち上げたプロジェクトで最近日本のGoogleのモバイル検索にも対応しました。

スマホで検索すると検索結果一覧で稲妻みたいなマークが出てAMPと表示されているサイトがありますよね?それがAMPに対応しているサイトの目印です。

ページを読み込むのが遅いとイライラしますよね。読み込むまでの時間が遅いとブログを読まずに途中で離れていってしまう人もいるようです。そんな問題を解消してくれるのがAMPなのです。

Simplicity2はプラグインなしでAMP対応

本当簡単にAMP化できました。当サイトはSimplicity2を使っているのですがバージョン2.3.1からAMPに対応しておりプラグインをインストールする必要もありません。すごーい。

AMP化の方法はSimplicityホームページ内のSimplicityのAMP機能の使い方。カスタマイズ方法など。に記載されています。

カスタマイズからAMPの有効化にチェックを付けるだけ!これだけでOKです。カエレバ、ヨメレバ等のブログパーツにも対応しています。ここまで対応してくれているのは中々ないんじゃないでしょうか。

ただし表示をカスタマイズしているとおかしくなるようなので対応させたなら後で確認してみてください。アドセンスなんかもウィジェットで広告を設置している人は設定が必要です。設定方法もちゃんと載っています。至れり尽くせりでございます。

今のところ対応しているのは投稿ページのみで固定ページはAMPではありません。AMP機能もβ段階なので不具合が出る可能性もありますのでそこはご注意を。

対応した結果

AMPに対応しているページだと自分が使っているスマホの場合、検索結果のタイトルをクリックして2,3秒でページが表示されます。対して対応していないページだと5,6秒かかっていました。

この差は結構大きいと思います。たった3秒ほどの違いですがそれでも待たされている間というのはフラストレーションがたまります。チャキチャキ動くとそれだけで気持ちがいいです。

まだAMPを導入していない人はこの機会に対応を検討してみてはどうでしょうか。最近はスマホでWEBページを見る人が大勢いますからかなり効果ありだと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

フォローする