Yahoo!週休3日制導入検討 世間の働き方はこれから変わっていくのか?

働き方

Yahooが週休3日制の導入を検討しているそうです。

もし週休3日になれば今までと比べて気分転換をしたり、勉強をしたり、副業をしたり、旅行に行ったりといろんなことに時間を使うことができますね。

疲れを取ってリフレッシュしたり、いろんな経験や体験をして刺激を受けることで、仕事に対する取り組みもいい方向に向かうはずです。

休みが1日増えた分、より効率的な仕事を求められると思いますがその方がメリハリがついて私はいいと思います。

だらだら時間をかけて仕事をしたって時間をかけた分だけいい仕事ができるのかといえばそんなことはないです。

しかし世間は休みが増えた分給料が減ってしまって生活できないのではないか?残業が増えるのではないか?休日出勤が増えるのではないか?週4日じゃ仕事が回らない。

こんなことうちの会社では不可能だ!という意見もあるようです。

スポンサーリンク
レクタングル大

週休3日制導入に対する反対意見

週休3日になってしまうとその分給料が減ってしまうのではないかという意見に関していえば休みが増えた分、他の収入源を増やすチャンスだと思うので副業や資産運用をしてみたり、はたまた自分でお米や野菜を生産してみたりといろんなことに挑戦すれば多少給料が減ったところで大したことはありません。

むしろ収入源を増やすことができれば、1つ収入源が駄目になったとしても他の収入源があるから大丈夫だという安心感を得ることができます。

仕事が回らない、残業や休日出勤が増えるのではないかということに関しては、週休3日にしてしまうと経営が難しい会社もあるのかもしれませんが、大体は会社の運営方針が無茶なんじゃないかと思います。

人が足りなかったり設備がボロだったりあり得ないような利益目標を掲げていたり。

その無茶な部分が会社員に降りかかってくるけれど雇われて働いている以上Noとは言えない弱みみたいなものがあるのが辛いですよね。

働き方は変わっていくのか?

Yahoo!では他にも会社外で働くことができるどこでもオフィスの日数を増やしたり新幹線通勤や自転車通勤も予定しているらしいです。

そもそも会社の人間が同じ時間、同じ職場内で働くことってそこまで効率のいいことじゃないような気がします。

みんな同じような時間に通勤して職場まで行って、同じ空間で固定された人間関係の中で作業をして決まった時間になるまで帰ることもできずその空間で1日を過ごす。

どうしても自分でコントロールできることが少ないので無駄な時間が発生したり、固定された人間関係というものに窮屈さ、息苦しさを感じます。

yahooの週休3日制導入の検討がニュースになってるような内はまだまだ今ままでの働き方を変えることができない所がほとんどなんだろうなと思いました。

副業も許さないような会社ばかりですし。

いつになったらこれらが当たり前になりオフィスまで通勤している人のほうが珍しいような社会になるんでしょうか。

そんな社会になる頃には私はもうヨボヨボのおじいちゃんになっているかもしれないのでその前に行動しなければ。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

フォローする