個人型確定拠出年金iDeCoを始めて10カ月 ほったらかし運用の損益結果

積み立て

2017年1月から確定拠出年金(iDeCo/イデコ)を始めて約10カ月ほど経ちました。

SBI証券から届いたパスワードを変更し、運用商品とその掛金を設定してそのまま放置していました。

あれから資産状況がどうなったのかふと気になったので、今回確認したいと思います。

関連記事:SBI証券から個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の書類が到着

スポンサーリンク
レクタングル大

現在の資産状況

資産状況

現在、海外株式のDCニッセイ外国株式インデックスに、月23,000円拠出しています。
会社員の拠出限度額いっぱいまで利用させてもらってます。

運用益非課税のメリットを生かすため、またいろんな商品を取り扱うと配分割合が難しそうなため、海外株式100%にしています。

リスクもありますが余裕資産で行っているので、損益が気になって夜も眠れないなんてことはありません。

拠出金累計は23,000円×10カ月分で230,000円です。
資産残高は247,858円で、損益は17,858円プラスとなっています。

運用商品に関しては、今のところ変更する予定はありませんが、今後ラインナップが追加されていく際に、有力な商品があればそちらにスイッチングするかもしれません。

直近12カ月の拠出金と資産残高の推移

直近12カ月の拠出金と資産残高の推移

2017年4月頃までは資産残高90,662円に対して、拠出金累計92,000円と拠出金累計の方が多かったですが、それ以後は資産残高が拠出金累計を上回っています。

グラフで改めて見てみると、積み立てている実感が湧いてきました。

とりあえず損益がプラスで一安心

とりあえず損益がマイナスになってなくて一安心。

たとえ少々マイナスになっていたとしても、iDeCoの掛金は全額所得控除の対象になっているので、対して痛くありません。

といっても、60歳になるまで基本引き出すことができないので、短い期間で一喜一憂していては駄目ですね。

投資の運用で大事なのは長期と継続。長い目でこれからも淡々と積み立てていきます。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

フォローする