積立NISAの新設が決定 ここで既存のNISAをもう一度おさらい

おさらい

最近新しく積立NISAの新設が決まりました。2018年1月からスタート,37年まで利用できる予定のようです。毎年40万円までの投資から得られる利益や配当などが20年間非課税になるとのこと。

積立型NISA以外にもジュニアNISAがあり、NISAにも種類がありますが、現行のNISAってどういうものだったかおさらいしておきたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大

NISAとは

  • 少額投資非課税制度いわゆるNISAとはイギリスのISA(Individual Savings Account)をモデルとしてその日本バージョンだからNISAという名称がついています。
  • NISA口座を開設できるのは2014年から2023年までで、年間120万円までの投資から得られる利益や配当が非課税になります。
  • 非課税期間は5年間で、「120万円まで投資ができる枠」を最大で5つまで持つことができ、枠が5年経過すると売却するか、新たなNISA口座の投資枠に移管するいわゆるロールオーバーを行うか普通の課税口座に移管する必要があります。

良いことばかりじゃない?NISAのデメリット

  • 枠内で120万円に到達していないから、翌年追加で投資しようとしてもそれはできません。あくまで1年間の内での最高金額が120万円であり翌年には持ち越せません。
  • 120万円の枠内で運用している金融商品を売ってしまうとその枠内では再利用できません。売り買いしてその差益で儲けを得ようとしても枠内で購入できるのは120万円までです。
  • 利益は非課税になりますが、もしマイナスだった場合は他の口座のプラスと合わせて相殺する損益通算ができません。

ごちゃごちゃと分かりづらいNISAの内容

NISAってとにかくごちゃごちゃしてます。もうちょっと分かりやすくならないのでしょうか。

既に口座を持ち運用している人達からはNISAは小遣い稼ぎ、おやつであると言われており評価はいまいちのようです。

5年でどうにかしないといけないので長期の投資や積み立て投資にもあまり向いていません。

その為、今回新たに40万円で20年間の積立型NISAを新設したのでしょうがこの積立NISAも賛否両論です。

現行のNISAと積立NISAの併用はできません。それならば現行のNISAの期間をこのまま恒久化すればいいのにという声が挙がっており、その通りだと思います。

私はしばらくは様子を見ながら、NISAの期間恒久化、金額の上限の撤廃等の改正があれば検討したいと思っています。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

フォローする