どうでもいいことにこだわる人の特徴3つ

どうでもいいことにこだわる

どうでもいいことにこだわる

会社で働いていると妙に細かく、重箱の端をつついてくる上司や、どうでもいいことに固執する人っていますよね。

そういう人達と仕事をすると、なんてことないような事でもどっと疲れてしまいます。

どうでもいいじゃないかそんな事はと思いますが、本人達にとってはどうでもよくないことだったりするんでしょう。

そんなどうでもいいことにこだわる人の特徴を以下に挙げてみました。

 

異様な執着を持っている

異様な執着を持っているあまり、物事の本質が見えなくなってしまっているタイプの人です。

簡単に解決できるような問題でも、自分の中でのこだわりと答えに合致していないと、意地でもその自分の中の答えに持っていこうとします。

自分の中でこだわりを持つこと自体は悪くないことだと思うのです。

しかしそれを手放すことができず、他人にまでそのこだわりを強要するようになったのなら、それはこだわりではなくただの執着です。

執着すると、ちょっとでも自分の考えと違うことが起こるとそれだけでイライラしてしまいます。それは自分自身でストレスを生み出している状態です。

 

威厳を見せつけたい

会社の上司など役職の偉い人なんかは特にこういうタイプが多い気がしますが、とにかく自分を大きく見せたいがために、重箱の端をつついたようなどうでもいいことに固執するタイプの人です。

資料を提出した際に特に問題がなくてもほんのちょっとした空白や、漢字の使い方等、重箱の端をつついたような指摘をされたことはありませんか?

そうやって相手を指摘することによって自分を偉く見せ、自分が何かやったような気分になりたいのです。

 

意地でも相手を説き伏せようとする

イライラするだけだと思うんですよね他人を自分の思うようにしたいって考えると。

自分がいかに正当であるか、いかに相手が間違った考え方であるかと相手を説き伏せようとするんですけど、他人というものは変えられません。その行為はただただ無駄なだけです。

無駄だと分かっていてもどうでもいいこだわりを持っている人は、文句を言い続けなければ気が済みません。

このような人に絡まれたら余計なエネルギーを消費しないようにさっさと話を切り上げてその人から遠ざかりましょう。

自分を正当化せずに、世の中にはいろんな考え方があるんだなぁ程度に捉えればもっと楽に生きられるのにと思いますね。

 

自分の意見を意地でも押し通そうとしたり、自分を正当化しようとする時間で、仕事を進めるなり休憩を取るなり、はたまたブログ記事の内容を考えることだってできたでしょう。

どうでもいいことへのこだわりを捨てるとその分の時間を自由に使うことができます。無駄な時間やエネルギーを使うことをやめて自分にとって本当に大切なことに使っていきましょう。

関連記事:一方的な会話はコミュニケーションでもなんでもないただの独り言

本を読むのが遅い読書が苦手な人が読書量を増やすための方法5つ

読書

読書

私は本を読むのが物凄く遅いです。10ページ読むのに大体30分から1時間ぐらいかかってしまいます。

いざ本を読むぞ!という気分になって本を開けて読んでいっても、なかなか読み進んでいけずに、数ページほどめくったぐらいで既に疲れて集中力が切れてしまい、ちょっと横になろうかなんて思って横になったらそのまま寝てしまうこともままあります。

今まであまり本を読んでこなかったツケが今になって回ってきました。

そんな私が本を読み進め、少しでも読書量を増やせるような方法はないかと思い、いろんな方法を調べてみました。

 

本を全部読もうとしない

せっかく本を買ったんだからちゃんと最初から最後まで隅々まで読んで本の内容を覚えないといけないんだと思っていましたが、一冊の本全てを読むというのはかなりの時間がかかります。

そしてそれを頭の中に叩き込もうとするのはまるで学校のテスト勉強の暗記ようでストレスが溜まります。

その本の全てを覚えようとしなくていいので、自分がこれだ!と思ったものがあればそれさえ抑えておけば十分です。

過去に読んできた本にしても、中身を思い出せるのは自分がこれだ!と思った1文ぐらいだと思います。

 

音読(黙読)しない

私はよく脳内で黙読しながら読んでいました。そして意味の分からない所は声を出して呼んでみて、その本に書いてある内容を理解しようとしていました。

声に出して読んだり、実際声に出して読まなくても頭の中で黙読していると目からの情報ではなく、耳から本の情報を入れているのでその分遅くなってしまいます。

文字を見て、そのまま読み進めていく間に、目で見た情報を頭の中で整理していけばよりスピーディに本を読み進めていくことが出来ます。

 

目次を読んで大まかな流れを把握する

目次をじっくり読むことによって、この本は一体どんなことを言いたいのかという全体の流れを掴むことができ、理解力が増え読んでいくスピードが上がります。

著者自身も目次を考えて決めているので、そこから汲み取れる情報は多いです。私自身ブログを書く時も、目次を考えて決めてからその中身を肉づけしているのですごく合点がいきました。

 

流し読みする

いくら熟読しても、最初の方の内容は本を読んでいるうちに既に忘れていっています。

うっすらとしか覚えてない状態になっているので、それならば最初から大まかな話を掴みながらパラパラ流すように読んでいきます。とにかくページを進めていくことが大事です。

そして文字を1つ1つ読んでいくのではなく、単語を1つのものとして捉えていきます。そうやって読むことを意識すると流し読みのスピードも上がっていきます。

 

分からないところ、必要ないと思ったところは読み飛ばす

分からないところを何度も読み直したり、意味を調べてみたりするとその分時間がかかってしまいます。細かいところは分からなくても、大きな括りでどんなことが書いてあるかさえ分かればOKです。

また、この章の内容は自分が欲しかった情報とはちょっと違うなと思ったときは無理をしてその部分を読まなくていいので、飛ばして次にいっちゃいましょう。

もし後から必要になった時でも、その部分を読めば、その本の内容は既に大まかに把握しているので、すぐ理解することができると思います。

 

本を理解するには熟読しないといけないっていう考え方を変えないといけないですね。

お金を出して買った本なんかは特に必要以上に期待してしまいますが、肩の力を抜いて、何か自分の中でこれだ!と思うようなものが1つでもあればそれでOKなんだと思うようにして読み進めるようにします。

TwitterやFacebookにLINEなどSNSに疲れてしまった人への解決策3つ

SNS

SNS

昨今、TwitterやFacebook,LINEに少し昔だとmixi等様々なSNSが出てきましたが、そんなSNS上においても、人間関係に悩みをもっている人が多いようで、SNSでのやり取りに疲れ果てているようです。

自分はTwitterにしてもFacebookにしても始めたばかりなのでまだ実感がないのですが、いざこのような状態になってしまっては困るのでそうならないために考えてみました。

 

リツイートやいいねを気にしすぎない

リツイートされない、いいね!を押してくれない、コメントがない、フォロワー数が減った、もっとおもしろいことを書かないと駄目なんじゃないか?とか誰かの書いたコメントや貼った画像に反応しなければいけないんじゃないだろうか?いいねを押さなければいけないんじゃないだろうか?等々そういうことを気にしているとそれだけで気疲れしてしまいます。

他人の反応なんてそこまで気にしなくていいです。リツイート数やいいね!の数で自分の価値が決まるなんてことありませんからね。

コメントやいいね!がなくても気にしない。自分が本当にいいね!と思ったらいいね!を押せばいいし、気が向いたらコメントを書いてもいいし、その時々の気分でいいと思います。義務感でやっちゃうと疲れてしまいます。

 

自分ルールを押し付けてくる人には近づくな

mixiでいえば日記を見たらコメントを残せだとかTwitterなら無言フォロー、フォロー外からは、どうのこうのと勝手に自分ルールを作ってそれを押し付けてくるような人には近づいては駄目です。

相手を自分の型にはめようとする人は自分は自分、他人は他人であるということを理解できていない人です。自分が正しくて、相手は間違っていると思っています。そういう相手と付き合うのは疲れます。

 

現実世界の人とはネットでの繋がりを持たないこと

車で移動中のラジオで、ママ友とのLINEでのやり取りに悩んでいます。みたいなお便りが届いているのを聞いたことがあります。

ネット上だけでの人達ならブロックするなりなんなりしてをそこで関係を絶てばそれまでなんですけど現実だと中々そうはいきません。

「なんでブロックしたんだ!」、「なんで既読になってるのに返事しないの?」みたいに言われて関係が拗れてしまうとめんどうです。

それならもう最初から現実以外での繋がりを持たないのが一番だと思います。自分はそういうことには疎いからよく分からないし、めんどうだからやってないしやるつもりもないと宣言してしまいましょう。

それでもSNSの導入を勧めてくるような人は、もうそれだけでも厄介な人なのは分かるので極力、必要な時以外は接点を持たないようにするしかないですね。近づかないのが一番です。

 

SNSなんてただのツールです。自分の好きなように使いましょう。便利に使う分にはいいですがそれに依存しちゃうと疲れますんでほどほどに。

会社に思考を乗っ取られてしまった上司の特徴3つ

偉そう

偉そう

大体の会社には上司という存在がいます。人に命令を下したり、職員の仕事の評価をしたりしていますよね。

そんな上司ですが、世の中のすべての上司が所謂「理想の上司」というわけにはいかないものでして、役職、立場を利用して横柄に振舞い、時には大声を荒げて人格を否定したり、侮辱的な言葉を投げかけられた人もいるでしょう。

そのような上司の中には、日常生活と会社との区別もつかず、自分の思考が会社に乗っ取られた状態になってしまっている人が見受けられます。そんな上司の特徴を以下に挙げてみました。

 

会社を出ればただの人同士だということを理解できない

会社外でも横柄に振舞うタイプの上司は、会社という組織を形成する上での形として役職というものがあるだけなのに、その上司と部下という立場が始めから存在していたかのように振舞います。しかしそれはまったくの勘違いです。

現実にはそんなものはありません。お互いただの人間です。その会社に属したから出会っただけであって、それまではまったくの赤の他人だったはずです。

会社を一歩出ればただの人同士です。命令を下したり、人の行動の評価を決めたりする権利は上司にはありません。偉くもありません。このことをなぜか理解できないのです。

 

同じ会社に長年勤めて思考が停止してしまっている

同じ会社にずっと勤めていると、今働いている会社で行っていることは、他の会社でも必ず行っているに違いないと思い込んでしまいがちです。もちろんそんなことはありません。

偽装問題や虚偽報告等、昨今いろいろとニュースになっています。会社で行っていることは必ずしも正しいことというわけではないのです。

同じ職場で、同じ人間と、同じ時間を過ごし、同じ仕事を毎日行ってきたために視野が非常に狭くなっており、その環境に慣れきってしまって物事を考えることをしなくなっているのです。

昔から行われてきた悪しき風習に対しても、昔からやってきたことだからと改善しようともせず次の世代への受け継いでいくわけです。

 

退職しても現役時代の役職を引きずる

現役で働いていた時代、いかに自分が偉い役職、立場にいたのかを自慢げに話している人を見かけることがあります。しかしその人はすでに職を辞しており、ただのお年寄りです。

そしてそんな人は今でも自分の命令が他人に通用すると思っています。それは会社の中、閉鎖的な組織という極めて特殊な環境においてのみその効力を発揮できただけであって、日常生活においてはただのワガママでしかないのです。

人生の大半を会社に捧げてしまったがために、過去の会社での自分の栄光にすがってしまうのです。他人はあなたが働いていた時代のことなんて知らないし、特に知りたくもないのです。

 

このような人間にならないように日常に甘んじることなく、常識や当たり前などの言葉を鵜呑みにせず日々、自身の考えをアップデートしていけるようになりたいです。

情報の断捨離をして頭をスッキリさせたいので捨てても問題なさそうなものを考えてみた

断捨離

断捨離

昨今では、「シンプルライフ」「ミニマリスト」「断捨離」等のモノを持たず、または捨てて最低限で生きていくなんてことを目にする機会が増えました。

私の場合、あまり物欲がないので物はそんなに持っていないのですが、近年の情報化が著しい世の中で、必要とする情報を得るまでに様々な不必要な情報が入ってくることが多くなってきたため、情報の断捨離をして、捨てても特に問題なさそうだなと思ったものを挙げていきたいと思います。

 

テレビをボケっと見て得た情報

テレビは最近ほぼ見なくなりましたが、今の所まったく支障ありませんので捨てても大丈夫な情報かなと思います。

至って普通に生活できてます。まあ流行のタレントやお笑い芸人の名前なんかは一切知りませんがなんにも問題ないですね。

ニュースなんかにしても1日経てば忘れられそうな内容なら特に見ようとも思いません。

 

SNSで勝手に流れて来る情報

Twitterのトレンドなんかを見てもらえば分かると思うんですが、そのほとんどがどうでもいいことです。どうでもいいことがズラズラ並んでいるだけです。

ブログのネタなんかを探す際にいろんなサイトの最近のトレンドを調べてみましたが有意義な情報というものは中々見つかりませんでした。そしてここでもテレビの内容が載ってきたりします。

 

GoogleやYahooで調べればすぐに出てくる情報

  • サロマ湖の面積はいくら?
  • 北岳の高さはいくら?
  • 歴代徳川将軍の名前は?
  • 潮の干満によって起こるアマゾン川を逆流する潮流をなんという?

このような調べればすぐに出てくるような情報をわざわざ頭に覚えさせる時間も脳のスペースも勿体無いです。特に日常でポロロッカの話をすることもないと思いますんで。クイズ番組に出るのなら話は別ですけどね。

どうせ覚えるなら調べればすぐに出てくる名前や数字じゃなくてそれらが一体どういったものなのかという本質を覚えることが有意義だと思います。

 

受動的に得た情報は自分という人間に最適化されていないので無駄が多いですね。能動的に必要な情報だけを掴んでいき、余分なものは持たないようにしていきたいです。

ブログの記事作成を30分でも短縮できないかと考えた結果3つをまとめてみた

時間

時間

このブログを開始して今回で5回目の更新になります。

1記事につき大体1000文字程度を目安として記事を書いているのですが、1記事にかける時間が約3,4時間と非常に長くかかってしまいます。

記事作成の時間を今までの半分とはいかずとも、せめて30分程でも短縮できないだろうかといろいろ調べたことをまとめてみました。

 

PCの前で考える時間を減らす

PCの前で「うーん今日はどんな記事を書こうかなあ。」って考えてる時間って結構長い気がします。

ネタを探そうとネットサーフィンでニュースサイトを見たり、動画を見てしまったりとついダラダラ時間を潰してしまうパターンです。

PCの前に座って考えるんじゃなくて、日常の空いた時間を利用して記事のタイトルや、見出し、アイデアを考えることができれば、この時間を短縮することができます。

そしてアイデアが浮かんだ時にすぐメモを書くなりして残しておきます。

後で思い出そうとしても、その時浮かんだある程度形になっていたものを再び元の形のまま復元することが難しいからです。

 

目標時間を設定して書く

目標時間を始めに設定しておいてから記事を書いてみて、その目標時間までに書けなくてもいいので時間を計ってみて、実際にかかった時間から

  • テーマ決め
  • タイトル、見出しの作成
  • 記事の作成
  • 文章校正

これらの内どの部分で時間がかかっているのか調べることで、どの部分を改善すればいいのかが見えてきます。

ちなみに、今回の記事で目標時間は3時間と設定して記事を書き始めて、実際書き終わったのは4時間ほどでした。

その内テーマ決めは20分 タイトル、見出しの作成は1時間 、記事の作成は2時間30分、文章校正が10分程度でした。

このように見ていくと、自分は特に記事の作成に時間がかかっていることが分かります。

まだまだ文章を書くこと自体に慣れていないため、数をこなしてもっとスムーズに記事を書けるようになりたいです。

 

書き終わったら潔く公開する

記事を書き終わって文章校正も終ってあとは公開のボタンを押すだけ…なんですが何か物足りない感じがしてしまって、まだ何か書けることがあるんじゃないかとネチネチと記事をつついたり、書き直したりしてしまうことがあるかもしれません。

しかし、時間が勿体無いので思い切って投稿しちゃいましょう。

そこに時間をかけるならさっさとアップしてまたブログのネタを考えたり、情報収集をする方が有意義です。1日は24時間しかありませんしね。

 

まとめと今後の展望

  • PCの前で考える時間を減らす
  • 目標時間を設定して書く
  • 書き終わったら潔く公開

以上、ブログ作成を短縮する3つの考え方でした。

空いた時間を利用するというのがとにかく大事みたいですね。

働いている人でいえば通勤時間や昼休みでしょうか。有効活用していきたいですね。

時間を短縮して、余った時間ができればどんどん本を読んでいきたいです。

お金に関する本を何冊か購入したので、それを読み進めて、感想なんかも書いていけたらなと思っています。

後ブログの手入れもしていきたいです。今のままだとかなり味気ないですしTwitter,Facebook等も手付かずのためほぼ有効に使えていない状態です。

でもまずは睡眠時間をちゃんと確保したいです。

睡眠時間を削ってでもやることもたまには必要ですが、私の場合、最低でも6時間はしっかりと睡眠を取りたいです。体と心は何よりの財産ですので。

こんな調子でこれからもブログ頑張ります。

休日、家に引きこもり何もしなかったからといって落ち込まなくていいんだ

休日

休日

今週もなんとか仕事をこなして週末の休みを迎えたが、疲れからか何か億劫で、ただなんとなくボーっと過ごしてしまい結局どこにも出歩かずに休日が終ってしまって「あーあもったいないなぁ。」と落ち込んでしまったことは、誰しも1度は経験したことがあるんじゃないでしょうか。

私も昔はそんなことをよく思っていて「また1日を無駄に過ごしてしまった…」とガッカリしているような時期もありましたが、最近はそう思うこともなくなってきました。

以下のように考えるようになったからです。

 

焦ると判断力が鈍る

うつ病になり退職後、薬を飲みながら療養していた頃、ただただ時間が過ぎていく毎日を過ごしていました。

何かしなければならないのに何もする気力がない。このままだと一体どうなってしまうんだろうと不安に駆られていました。

状態がなんとかマシになってきた頃、私はとにかく次の就職先を探して速く転職しなければと焦っていました。

給与や仕事内容、仕事場所等々妥協できるところを妥協しました。しかし中々転職することができませんでした。

そしてなんとか今の職場に転職して働いていますが、この集団から速く脱出しないといけないという考えが今もどんどん膨らんでいる状態です。

結局、集団、組織で働くことがそもそも苦手だったことをよく考えていなかった、または思ってはいたが、焦りからその判断ができていませんでした。

何かしなければという焦りから正常な判断を行うことは非常に難しいです。

 

自分に正直になると心が軽くなる

何もしたくないくせに自分に正直になれないせいで、結局やりたくもないことをやってしまい、その結果、時間だけでなくお金まで浪費してしまうのです。

一体なんのために毎日ヘトヘトになりながら働いてるのでしょうか。

昔は何もしたくないなんてそんなことを思っては駄目なんだ。自分は駄目人間なんだと自分の内から出てくる感情をひたすらに否定していました。

何もしたくないときは何もしたくない自分を認めてあげられるようになると、心がスッと軽くなり、非常に楽になりました。

 

有意義に支配されていたことに気付いた

学校に通っている頃、夏休み前になると担任の先生から「夏休みは有意義に過ごさないと駄目だぞー!ちゃんと計画を立てて無駄にしないように!」って言われたことありませんか?

そうやって小さい頃から、私達は休日は有意義に過ごさなくては駄目なんだということを他人から刷り込まれて生きてきたのです。

つまり休日を有意義に過ごさなければ駄目なんだというその考えは、私の内から出てきた考えではないんです。他の誰かのモノです。私のモノじゃありません。

このことに気付けてから自分の中にあった罪悪感の正体が掴めた気がしました。

しかし長い間肩までどっぷりとこの考えに浸かっていたため中々全て洗い落とすことができませんが、このことに気付けただけでも幾分スッキリしました。

本当にやりたいこと、心から思っていることがあれば、体は勝手に動きます。

特に何もしたくないのに何かしようと思っているのならまずは体と心をしっかり休ませて上げてください。

関連記事:休日、元気がなくてやる気が出ない時の対処法を4段階に分けて紹介します

その会議本当に必要だった?無駄な会議に時間を潰される

会議

会議

先日、会社の昼休み中に会議があり、それに強制的に参加させられたのですが、まったく開く必要性がなかった無駄な会議でして、昼休みの時間を返して!と思わずにはいられませんでした。以下、その時の様子です。

 

必要のない人まで巻き込む

部屋に入りきらない程大勢の人間が参加していましたが、そのほとんどが自分の業務とほぼ関係のないものを、唯黙って座って(あるいは部屋の外に立ったまま)聞いているという状態でした。

私もその一員でした。会議の見栄え上、数人では格好がつかないから、数合わせのためだけに集めたんでしょう。内容よりも外面を重視する会社の悪い風潮です。

 

時間をオーバーする

昼休み時間中の予定だったはずが、結局昼休みを超えて、休む時間もなく再び業務に戻りました。休憩をせずそのまま業務を再開するので、その後の業務の作業効率も落ちます。

無駄な会議をしている時間で昼寝をしたり、体を動かしたりするほうが頭もすっきりリフレッシュできて効率的に業務を行えたはずです。

 

無理に議題を作る

会議を行わないといけないから、そこから逆算して会議の話す内容を考えているのではないかというようなお粗末な内容で、過程と目的がアベコベになっているような状態でした。会議を行ったこと、会議に参加すること自体に満足しているようです。

その会議に参加するよう命じた上司も、今回の会議には誰が参加するのかということばかり気にしている様子でした。

 

何が言いたかったのか分からない

結局その会議でなにを参加者に伝えたかったのかが分かりませんでした。そりゃそうですよね無理やり議題を考えているわけですから。

もし何かを伝達したいだけなら、資料を配布するなりして(今の会社はメールすら使えない)個々で目を通せば済む話です。

 

 

このような無駄な会議を行うような会社では、労働者の時間を潰しているという意識が全くありません。今回のような会議の他にも、サービス残業、会社行事や飲み会などの強制参加等、数々の無駄をこちらに強いてきます。

人の生きている時間、その価値を軽視している集団の元では、私は長くは働けないでしょう。私の時間をどんどん吸い取られる前になんとかこの状況を脱しなくてはと思いました。

生きづらい集団から抜け出すために学ぶこと3つ

勉強

学習

生きづらい集団から抜け出して、自分の力で自由に生きていくためには一体どんなことを学べばいいのか考えていきたいと思います。

 

ネットビジネス

インターネットを利用して、会社に雇われず自分の力でお金を稼いでいくことができれば人間関係に悩まされず、自由な人生を過ごすことができそうです。

 

自分1人で完結でき、少ないお金で始めることができる敷居の低さも魅力的です。

 

ただし「〇日で100万円儲けました」のような如何わしいものも数多く存在し、本当に大丈夫なんだろうかと不安でもあります。以下ネットビジネスの一例です。

  • クラウドソーシング
  • ウェブライター
  • ブログライター
  • 広告収入
  • webサービス開発
  • アプリケーション開発
  • ネットオークション
  • せどり

探せば様々なネットビジネスがあり、その辺りは自分にあったネットビジネスを探していきたいと思います。

 

資産運用

こちらもお金のことになりますが、今の世の中非常に大切なことだと思います。

 

私が高齢者になった時、年金制度がどうなっているかまったく予想がつかず期待ができない状態です。

また普通に銀行にお金を預けていても雀の涙ほどの金利しかつきません。もっと有効に自分の資産を運用していかなければならないでしょう。

 

そしてネットビジネスとはまた別の、複数の収入源を持つということは、たとえ1つ収入源を失ったとしてもまだ他の収入源が残っているという安心感にも繋がりますので、是非とも身につけておきたい知識です。

 

正しい考え方を持つ

自由になれないのは自分自身もその原因の一因であるように感じます。常識や先入観に囚われて、身動きが取れなくなってしまっています。

 

定年まで働かなければいけない、結婚して家族を養ってマイホームを建てて子供を大学まで行かせて立派なお墓を立ててもらって。

 

そういった昔からの価値観が本当に正しいかどうかを考えず、これまでの間生きてきました。レールの上さえ走っておけばそれでOKなんだと何も考えず信じ込んでいました。

 

そのせいで今までに沢山つらい思いをしてきました。もっと自分の感情に素直になることが大切だったなと今になって感じています。

 

自分自身の価値観をもう一度形成し直す今がチャンスだと思っています。

 

以上思いついたものを書いてみましたが、やはり組織に属さないで収入を得るということに尽きると思います。

 

最初は大したお金にならないと思いますが、コツコツと続けていけるよう頑張ります。