疲れが取れない原因は間違った疲労回復方法にあった!正しい疲れの取り方とは

疲れが取れない

疲れが取れない

なんだかだるい。疲れが取れない。いろいろ試してみたけれど、どれもあんまり効果がなかった。この疲れをどうにかしたい。

いつまでたっても疲れが取れないその原因。実は間違った疲れのとり方をしているせいかもしれません。

なぜあなたの疲れはとれないのか?――最新の疲労医学でわかるすっきり習慣36」では世間一般に広がっている健康情報は、得てして偏った、間違った情報が大量に含まれていることを指摘しています。

そして、それらに振り回されることのない、科学的に正しいと証明されたことを中心に、疲労解消方法を2択形式で紹介しています。

気になったところを、いくつかピックアップします。

疲れているのは「からだ」ではなく「脳」だった

誰しも1日が終わり家に着くと、全身がぐったりしていると思います。そして、多くの人はこれを「からだが疲れた」と自覚していることでしょう。

「からだのだるさ」以外にも、「肩がこる」、「頭が重い」、「ふらふらする」などの症状が現れているかもしれません。

しかし、最新の疲労研究では、これらの症状すべてが、実は「からだの疲労」ではなく、「脳の疲労」、なかでも「自律神経中枢の疲労」であることが判明しています。

疲れていたのはからだではなく、実は脳だったのです。

私はデスクワークの仕事をしており、よく肩もこりますし、仕事が終わるとへとへとで、からだが何だか重く感じます。

他人と同じ空間の中にいないといけないので、ストレスもたまります。

これらすべての原因は、自律神経中枢の疲労によるものだったのです。

 

自律神経は交感神経と副交感神経で成り立っている

自律神経は交感神経副交感神経、この2種類で成り立っており、通常は両者がバランスよく働いています。

不眠症やうつ病など様々な疾患は、自律神経と深く関わっています。

それらの病気は自律神経のバランスが乱れたときに起こるものです。

交感神経、副交感神経がどういったものかを簡単に説明します。

交感神経

交感神経は、別名「闘争神経」とも呼ばれ、心身が活動的なとき、緊張や興奮、ストレスがあるときなどに働きます。

日中仕事をしている時は、この交感神経が優位になっています。

心拍数が上昇したり、汗をかいたり、血圧や体温が上昇するのは交感神経の働きによるものです。

こっちが優位になっている時は、脳の自律神経中枢細胞はフル回転で働いています。

副交感神経

一方、もう一つの副交感神経はリラックスモードで働きます。(中略)心拍数、血圧、体温を下げ、血管は拡張し、発汗は抑えるなどの働きをしてくれます。

また、胃液・腸液の分泌を促して消化吸収をアップさせます。

夜、リラックスしている時はこっちが優位になります。

心拍数、血圧、体温が下がり、脳の活動性も落としています。

 

副交感神経を優位にする

交感神経優位な状態が、自立神経中枢の細胞、すなわち脳を疲弊させることになるのです。

逆に言えば、交感神経が支配する時間を減らし、副交感神経が優位な状態を多くすれば、日常の疲労を減らすことができるのです。

交感神経が働きっぱなしの緊張状態が続くと、脳が疲れてしまうので、副交感神経の時間を増やす。

できるだけ交感神経を働かせないような状況、習慣作りをすることによって、脳に疲労をためないように心掛ける。

そうすることによって、疲労を解消することができるのです。

 

一日を過ごすなら家の外より家の中

何の気兼ねもなく自由にくつろげる自分の家(ホーム)と比べ、アウェイすなわち家の外は危険がいっぱいです。

いつどこで不測の事態に遭遇するかわかりませんし、他人の目にさらされることもあって、無意識のうちに常に「緊張状態」を強いられます。

つまり交感神経が常に優位な状態になっているわけです。

私はインドア派なんで基本的に家にいることの方が多いんですけど、休日を無駄に過ごさないようにと考え、どこかへ遊びに行こうと外出する人は注意してください。

疲れがない時はいいですが、疲労でへろへろになった状態で外出し、気分転換をしても逆効果です。

特に見知らぬ土地に行く場合は要注意。家に帰り着く頃にはどっと疲れが出てしまいます。

いつもの通い慣れた場所とかならまだましですけど、結局人の目にさらされますから無意識に交感神経が優位になっているのです。

アウェイで過ごす時間が1日10時間以上もある動物なんて人間だけだと著者は語っていますがその通りだと思います。

疲れている時は大人しく家でゆっくりしましょう。

関連記事:休日何もしなかったからといって落ち込まなくていいんだ

 

疲れている時は熱いお風呂よりもシャワー というか何もしないで寝る

熱いお風呂に長時間入れば、汗が流れてきます。このとき体内では、体温、心拍、血圧などが大きく変化して、それらを調整する自律神経には過大な負担がかかっています。

その結果、自律神経にある細胞内で活性酸素が大量発生し、細胞が酸化してさびてしまい、疲労が起こるのです。

汗が出るということは、先ほど説明した交感神経が優位な状態になっているということです。

お風呂に入ったらぐっすり寝られるのは、実は交感神経に負担がかかって、疲れてそのまま寝てしまうからなんです。

お風呂にゆっくり浸かりたい人は、せめてぬるめのお湯にしましょう。

体温の上げ下げを穏やかにすることで、自律神経の疲れを少しだけましにすることができます。

衛生面を考えるならシャワー、というか1日ぐらいお風呂やシャワーをしなくても平気な人はそのまま寝ちゃいましょう。

自律神経に余計な仕事をさせずに休ませてあげる。それが自律神経を一番労わってあげる方法です。

 

紫外線は疲れの元 サングラスで対応を

実は、紫外線が目の表面にある角膜で活性酸素が大量発生して、炎症反応が起こり、その反応が脳を介して全身に伝わります。

そのときに、全身の自律神経が高ぶって一種の臨戦態勢をとります。その結果。自律神経は疲弊し、激しい疲れを生むのです。

「紫外線と疲れってなんか関係あるの?」って思ったんですけど、ここでも自律神経が関わってきます。

紫外線対策と言えば、一般的に日焼け止めクリームを思い浮かべますが、目を防御していないと、肌に紫外線を受けた時よりも全身への影響が大きく、その結果メラニンを生成してしまい、皮膚が黒くなってしまいます。

紫外線対策はまず目を守ることを重視しないといけません。帽子をかぶるのもベターですが、ベストなのはサングラス。

UVカットかつ、色の薄いサングラスを選びましょう。

色が濃いと目に入る光が減って、瞳孔が開き、すき間から入った紫外線は、そのまま目の網膜まで達してしまいます。

 疲れをコントロールしよう

仕事中、交感神経を働かせすぎたかなと思ったら、ちょっと一息つきましょう。

疲れてるのに働かせ続けるブラック企業ならぬ、ブラック脳みそにならないように。バランスが大切です。

なにか息抜きをする際も、これは交感神経が優位に働くのか、それとも副交感神経が優位に働くのか考えながら行動しましょう。

疲れをコントロールすることができれば、その分1日の行動の幅を増やすことができます。

毎日へとへとで行動さえ起こすことができないのならば、まずは疲れのコントロールから始めてみましょう。

仕事が嫌で何か始めようと思ったけど何をしたらいいのか分からない人へ

何をすればいいか分からない

何をしたらいいのか分からない

仕事が嫌。長時間労働。低収入。怒鳴る上司。職場の人間関係。責任の重圧。やりがいのなさ。

漠然とした不安を抱え、毎日悶々と仕事をしている人へ、不安解消の糸口として「明日クビになっても大丈夫!」を紹介します。

著者のヨッピーさんは、新卒で一部上場の商社に勤務するも、仕事が死ぬほどつまらなくて7年で退社。現在はWebライターとして活躍しています。

ヨッピーさんは言います。

大なり小なり「仕事に対する不安」を抱えているのであれば、そのまま放置しても間違いなくその不安は解消されないし、放置する事はむしろ不安を増大させていくはずだ。

宿題はやっつけてしまわない限り、どんどんあなたの心に重くのしかかってゆく。

夏休みに終わりがあって宿題に締切があるように、人間にだって締切がある。人間の締切、つまりは誰しもが加齢と共に必ず衰えてゆくからだ。

本書では、「行動する」ことをテーマとし、会社に依存せず生きる方法として「趣味を仕事に」を提言しています。

 

趣味を仕事に

長々と自分について書いてしまったけれど、結局のところ言いたいのは「貴方も本業以外に何かやれ」という事だ。

僕にとっての「オモコロで書く事」を皆さんにも見つけて欲しい。

それはたったひとつの趣味で構わない。その「趣味」が「仕事」に変わった時、「趣味が仕事」というのはそれだけで大きなアドバンテージになるからだ。

好きな事で生きていく。どこかで聞いたようなフレーズですが、今の時代、趣味をお金に変えて生活している人は確かにいます。

YoutubeやTwitter,LINE,Facebook,Instagram,ブログなど、昨今はいろんな方法で情報を発信することができます。

そのような様々なツールを使うことによって、自分の趣味が仕事に変われば、例えそれだけで生活することはできなくても、自分に取って大きな財産になります。

嫌々やっている事よりも、自分が興味関心のあるもの、好きな事で稼いでいくほうが楽しいし強いんです。

 

最初は副業から始める

「生活の安定」と「自己実現」を両立させる事が「趣味で生きる事」の成功例だと言えるけど、多くの場合、最初からそう上手くいくものではない。

なのでサラリーマンとしての収入で「生活の安定」を維持し、もう一方の趣味で「自己実現」を追求すればいい。

明日からいきなり会社を辞めて、好きな事で生きていくぞと意気込んだはいいものの、まったく収入を得ることができない。

生活のためにバイトに明け暮れて、しまいにはまた就職先を探して、前より条件が悪いところに再就職してしまうようでは、より悲惨な状況に置かれるだけ。

まずは自分の向き不向きを把握するために副業として始め、いけそうだと思えた時、初めて退職を考えたほうがよさそうです。

収入源さえ確保しておけば、やっぱり自分には向いていないと思った時に、すぐ軌道修正ができます。

 

特に好きな事が思いつかない

パラグライダーに乗りたい、ウユニ潮湖に行きたい、アイドルのコンサートに行きたい。

いろいろあると思うけど、とにかく自分がやってみたい事を一つひとつ書き出して100個くらい書いてみよう。

自分の好きな事ってパっと出てきますか?

すぐ出てくるようなら問題ないんですけど、考えても思い浮かんでこない人もいるんじゃないでしょうか。

改めて自分の好きな事って何があるんだろうと考えて、洗い出してみましょう。

何かあるはず。どんな小さな事でもいいと思います。

嫌いな事から逆算して考えてみるのも一つの手です。

嫌いじゃない事の中に、好きな事が隠れているかもしれません。

 

消費する趣味から生産する趣味へ

皆さんも手持ちの趣味を「生産型」に変えていって欲しいのだ。

趣味をただの自己満足で終わらせるのではなく、もう一度言うけど他人に対してアウトプットするのが何よりも大事なのである。

とにかく、発信しなければいけない。

絵が好きならただノートに書くだけじゃなくて、Twitterに載せてみる。

ゲームが好きならゲームの実況動画を作ってみたり、攻略wikiサイトを作ってみる。

ただ絵を書いたり、ゲームをして「あー楽しかった」では消費しているだけ。

他にも本を読んだり、習い事をして勉強したのなら、それをアウトプットすること。

インプットばっかりではそこから何も生み出しません。

ちなみにアウトプットも時と場所を考えないと、煙たがられるだけなんでそこは気を付けましょう。

聞いてもいないのにどうでもいい知識をひけらかして、部下に愛想笑いされる上司になんてならないように。

そういう人ほどブログとかやればいいのにと思うんですけどねぇ。もったいない。

 

 お金は後からついてくる

「趣味を発展させていく事」と「お金が儲かる事」がどう繫がるのかわからない、という人はいると思う。

だけど、別にそこに対してそれほど深く考える必要はないと思う。

貴方の趣味が発展し、ファンや仲間が増えてきたら、「お金」というものは勝手に向こうから転がり込んでくるようになるから

その筋で有名になれれば、相手の方からやってきて、お金が発生するような商談や発注が届くらしいです。

事例としてTwitterのフォロワー数が3万を超えれば何かしらのお達しが来るはずとのこと。

そこまで行くのは中々難しいことだと思いますが、とにかく趣味を発展させ情報を発信することに全力投球するしかありませんね。

Twitterフォロワー3万人超の有名人にならなくても、趣味を発展させ発信していけば、何かしら得るものはあるはずです。

 

まずは行動をおこす

いきなり仕事を辞めて好きな事で生きていかなくても、取りあえず本業の他に収入源を持っておくだけでも安心感が違います。

逃げ道はたくさん用意しておくに越したことはありません。まず行動を起こす。そこから始めてみることが大切ですね。

今回紹介したことの他に、好きな事で生きていくための具体的な仕事術、実践的な戦略も書かれています。

儲かる椅子の探し方、ちょい足しのススメなんかは特に興味深かったです。

職場や学校、SNSなど同調圧力が生み出す嫌な空気から来る息苦しさの正体と6つの対処法

息苦しさ

息苦しさ

学校や職場、近所付き合い。人と関わる場面では必ずと言っていいほど同調圧力が発生します。いわゆる空気を読めというやつです。

私はあの空間がどうにも苦手です。とても息苦しくて、早くそこから抜け出したい気持ちでいっぱいになります。

他人に合わせて、やりたくないことを無理矢理やらされたり、思ってもいないことを言わされたり苦痛でしょうがありません。

またネット上においても、他人と違うことを言いずらい雰囲気が醸し出されており、そこに息苦しさを感じ、SNS疲れを起こしている人を見かけたことがあります。

ありとあらゆるところで、周りを見て他人に同調しないと、攻撃されそうな嫌な空気が漂ってます。

なんで世の中こんなに息苦しいんでしょう?

この国の息苦しさの正体 感情支配社会を生き抜く」ではなぜ世の中が息苦しくなっているのかその原因と、そんな世の中で生きていくための感情コントロール法を紹介しています。

 

息苦しさの正体とは?

本書では世の中の息苦しさの正体とは、不安感情によって他の可能性を考えられなくなった感情支配社会とあります。

 

不安感情とは?

おとなしくしているというのは、じつは「不安」がほかのあらゆる感情や、理性的な判断を抑えこんでいる状態です。

冷静沈着とは正反対の、きわめて感情に支配された状態なのです。

相手に嫌われたくないという不安を抱えながら、周りに合わせて大人しそうにしている人は、冷静そうに見えて、実は冷静でも理性的でもなんでもないんです。

嫌われたらどうしよう、失敗したらどうしようという妄想で頭の中がいっぱいになり、とても他のことなんて考えてられません。

不安を抱えたままでは判断が鈍ります。大人しくただ我慢しているだけでは、解決しないことだってあります。

そんな時はきちんと自分の権利を行使する、不安や恐れに惑わされず自分の言いたいことを主張することも必要です。

 

感情支配社会とは?

誰かの「気に入らない」という感情に引っかからないよう、ひたすら無難に生きなければならない。

実際にはそんなはずはないのですが、多くの人がそのような「無言のプレッシャーを感じる」社会になってしまったことに、うなずく人は多いのではないでしょうか。

誰かの「気に入らない」スイッチを押してしまうとすぐに爆発してしまう危険な社会。

不安や妄想で頭がいっぱいで、物事を極端にしか見れません。

善か悪か。味方か敵か。相手を敵と判断した時はとにかく容赦がありません。

支離滅裂な大義名分を振りかざし、正義の行いとして他人を傷つけます。

自己肯定感の低さ、焦りや不安、希望の欠如、高齢化による脳の老化、感情を一方向に増幅させるメディア。

これらによって感情支配社会は形作られていきます。

 

他の可能性を考えられなくなった人達

感情に支配されて、他の可能性が考えられなくなっている人には、他の可能性に言及するだけで、その人が自分に逆らっていると思えてしまうのです。息苦しい社会です。

「かくあるべき」のべき理論を多用する人は、他の可能性を考えられなくなった人です。

本人は正論を言っているようですが、頭が固く視野が狭まった状態です。

そして言っている本人も知らず知らずの内に、自分ルールにがんじがらめになって、苦しい思いをしています。

他の事を考えられないため、自分だけが苦しい思いをしていると勘違いを起こし、他人にもいっしょに苦しい思いをしろと不幸のおすそ分けをしてきます。

 

感情的にならないための対処法

気にしないこと

一度、感情にとらわれて、妄想まで始まってしまうと、雪だるま式に感情は膨らんでいってしまう。だから、怒りであれ、不安であれ、嫉妬であれ、嫌な感情が出てきたら、こだわらずに放っておくこと。一言で言ってしまえば、「気にしない」こと。

何があっても気にしないこと。気にしないことが最強。これができれば一番いいんですけど中々難しい。

すぐにこの境地に達するのは難しいと思いますが、感情がわき上がってきた時に意識してみましょう。

気分をすぐに切り替えられる人は、感情のコントロールができており、他人に振り回されることはありません。

 

とにかく動く

いま、自分がどこに注意を払っているかによって感情は変化するものなのです。  起きてしまった感情は仕方がありません。ですから、感情の特徴を活かして、そこに注意を払わないように、行動に焦点を向けてみるのもおすすめです。

気にしないことが難しいのであれば、とにかく動いてみる。

相手にイライラしたらその場から離れてみる。不安になった原因を調べる、確認する。

取りあえず外に出て歩いてみる。深呼吸してみる。自分の好物を食べる。好きな音楽を聴く。

わき上がった感情に焦点を向けずに、とにかく動いてそっちに意識を集中させて、感情を追い出す。

感情の注意をそらすことができれば、そのうち意識が向かなくなってきます。

 

逃げ道をつくる

大事なのは、不安に思うことに対して、自分で「逃げ道」をつくるということです。 (中略)リストラが始まった会社に勤め続けたとしても、「自分には逃げ道がある」「リストラされても何とか食える」と思えることで、逃げ道がなかった頃のように怯えることもなく、ずいぶんと気持ちに余裕が持てると思います。

ずっと上司や同僚の顔色を伺って、ビクビクしながら毎日を過ごす。いつになっても不安を抱えたままです。

上記の「とにかく動く」の応用編みたいなものですが、何かあった時にすぐ逃げられる逃げ道を作っておけば心に余裕ができます。

他の就職先を探す、資格を取る、副業をする、資産運用を始めてみる。

働けなくなった時に、右往左往しないように日頃から準備をしておく必要があります。

日頃、仕事や人間関係で疲弊していると、中々厳しいと思います。

しかし現状維持では何も変わりません。とにかく行動

ヤバイと思ったら逃げ道確保できてなくても逃げた方がいいです。私はそれで助かりました。

関連記事:臆病な人でもうまくいく投資法を読んで投資信託の勉強をする

 

深読みしない

深読みは災いの元  シミュレーションも度が過ぎると、一種の妄想のようになってしまいますが、私たちが普段何気なく行ってしまう「深読み」もまた禁物です。 (中略)ああだこうだと考えて「深読み」をしたところで、それが当たっている保証はありません。にもかかわらず、なぜか人間は深読みをすることをやめられない。

深読みしたって他人が考えていることなんて分かりはしません。分かったような気になっているだけです。

それは妄想であり、現実ではありません。思い込みにより、非常に視野が狭くなっています。

深読みによって他の可能性を考えることができなくなっています。

思い込みは勝手な判断を引き起こします。それがさらなる不安や問題を引き起こす可能性があるのです。

関連記事:将来の不安や仕事の人間関係でのストレス、イライラの解消法を紹介します

 

勉強

ある問題に対して感情的な判断を下さないための有効な方法の一つとして、勉強が挙げられると私は思います。 勉強は一つの答えを求めるためにするものではありません。むしろ、勉強はさまざまな答えや可能性を出すために必要な手段なのです。

自分の理解が及ばないことに関して、思考停止気味に否定、拒絶、攻撃する。

これもまた、感情に支配された行動です。

勉強によって知識を増やしていき、考え方の幅を増やす。

幅を増やすことによって、極端な思考、決めつけを回避することができます。

善悪や白黒だけですべてのものが分けられるほど、世の中単純じゃありません。

 

複眼的思考

「複眼的思考」という考え方があります。これは、いろいろな角度や立場からものを見るということ。凝り固まった自分を柔軟にするために、この「複眼的思考」が大いに役に立ってくれそうです。

手っ取り早いのが、誰かに相談してみること。「自分はこう思っているんだけど、どうかな?」と人に話してみる。

家族や友人、電話相談等とにかく自分の思いを伝える。自分の中だけでどんどん思い込みや妄想が膨らむ前に対処。

ただ相手は選びましょう。他の可能性が見えなくなった頭の固い人に言ったってしょうがないです。

余裕がありそうな、頼りがいのある人がベスト。

話すのが苦手なら、SNSをのぞいたり、他の人のブログを読んだりと、直接本人と相対しなくてもいい方法で、いろんな思考に触れてみるのがおすすめです。

 

まとめ

感情に支配され、他の可能性を考えられなくなった、感情支配社会を生き抜くためには

  • 気にしない
  • とにかく動く
  • 逃げ道をつくる
  • 深読みしない
  • 勉強
  • 複眼的思考

これらによって不安感情をコントロールし、振り回されないこと。

息苦しさを少しずつでも解消できたら、今より楽に生きられる。

Kindle 幻冬舎最大50%OFFのセール!気になる本10作品

読書

読書

AmazonKindleストアにて、2017年9月15日から2017年9月28日までの間、幻冬舎から出版されている対象タイトルの本が、最大50%OFFになるセールが開催されています。

対象タイトルの中で気になった本を紹介します。

 

 

持たない幸福論 働きたくない、家族を作らない、お金に縛られない

「正社員にならねば」「結婚しなければ」「子どもを作らねば」「老後に備えなければ」……「こうあらねば」が人を追いつめている。

生きるのが苦しいときは、世間の価値観や周りの意見にとらわれずに、自分が好きなものに立ち返るといい。

仕事や家族やお金に頼らず、社会の中に自分の居場所を見つけ、そこそこ幸せに生きる方法を、京大卒の元ニートが提唱。

京大卒の元ニート、phaさんが提唱するこれからの生き方。

「正社員にならねば」「結婚しなければ」「子供を作らねば」など「こうあらねば」という、いわゆる「真っ当な生き方」は、私も息苦しさを感じているので、非常に興味深いです。

 

 

ひきこもらない

家を出て街に遊ぶ。
お金と仕事と家族がなくても、人生は続く。
東京のすみっこに猫2匹と住まう京大卒、元ニートの生き方。

同じくphaさんの作品。「チェーン店以外に行くのが怖い」に共感。

また、意味もなく行くあてもない旅に出るっていうのもいい。計画を立てて旅行にいく時って目的をこなすために、セカセカするのがしんどいんですよね。

ゆるく楽しく生きていくための気づきが、他にもたくさんありそうです。

 

 

やめてみた。本当に必要なものが見えてくる暮らし方・考え方

これまで当たり前のように使ってきた道具や、こうしなきゃ・・・と思っていたこと、つい囚われてしまう考え方の癖、そういったものを1つ1つ仕分けして「やめて」みる。

そんな試行錯誤を繰り返しているうちに、いつしか生きるのがラクになっていく、そんな著者のクスっと笑える奮闘を描いています。

読んでいるうちに心の中からすっきりしていく1冊です。

あなたがやらなければと思っていたことは、先入観や思い込みだったんだよということに気づかせてくれるそんな一冊。

人間関係、友人関係に関することが、特に反響が大きかったようです。

コミックエッセイで読みやすそうですし、絵がほんわかしてていいですね。

 

 

新版 お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 知的人生設計のすすめ(幻冬舎文庫)

自由な人生を誰もが願う。国、会社、家族に依存せず生きるには経済的独立すなわち十分な資産が必要だ。

1億円の資産保有を経済的独立とすれば欧米や日本では特別な才は要らず勤勉と倹約それに共稼ぎで目標に到達する。

黄金の羽根とは制度の歪みがもたらす幸運のこと。手に入れると大きな利益を得る。誰でもできる「人生の利益の最大化」とその方法。

2014年に発売されたものの改訂版になります。

私は改訂前の方を読みましたが、お金の勉強をしたいと思うなら、まず読んでおきたい良本です。

特に世界にひとつしかないお金持ちの方程式の章に出てくる3つの方法は、資産形成の上で基本かつ重要なポイントです。

他にも資産運用や生命保険、住宅ローンなどお金に関する様々なことが書かれているので、これらの知識を深めたい人は是非。

 

 

多動力(NewsPicks Book)

すべての産業が「水平分業型モデル」となり、結果〝タテの壁〟が溶けていく。この、かつてない時代に求められるのは、各業界を軽やかに越えていく「越境者」だ。

そして、「越境者」に最も必要な能力が、次から次に自分が好きなことをハシゴしまくる「多動力」なのだ。

この『多動力』は渾身の力で書いた。「多動力」を身につければ、仕事は楽しくなり、人生は充実すると確信しているからだ。

ライブドアで世間を賑わせたホリエモンの作品。

「バカ真面目の洗脳を解け」、「サルのようにハマり鳩のように飽きよ」「自分の時間を取り戻そう」、「人生に目的なんていらない」など興味深いことが書かれています。

Amazonレビューの数も評価も高く、私が見たときではKindle本ランキング1位になっていました。すごく気になります。

 

 

ツレがうつになりまして。

スーパーサラリーマンだったツレがある日、突然「死にたい」とつぶやいた。会社の激務とストレスでうつ病になってしまったのだ。明るくがんばりやだったツレが、後ろ向きのがんばれない人間になった。もう元気だったツレは戻ってこないの?病気と闘う夫を愛とユーモアで支える日々を描き、大ベストセラーとなった感動の純愛コミックエッセイ。

題名はよく目にしたことがありましたが、実際に読んだことはなかった作品です。

うつ病に関しては、私も昔そうでしたし、今も万全とは言えない状態なので、親近感を感じます。

Amazonレビューの評価もいいのでこの機会にポチっと購入。

 

 

幻冬舎新書

仕事なんか生きがいにするな 生きる意味を再び考える(幻冬舎新書)

過敏で傷つきやすい人たち(幻冬舎新書)

人生を半分あきらめて生きる(幻冬舎新書)

孤独の価値(幻冬舎新書)

他にもたくさんセール対象の作品がありましたが、その中から幻冬舎新書で4冊。

私が今、興味関心を持っているものでセール対象になっていた作品です。

改めて見ると、上記のphaさんやわたなべぽんさんの作品と似たタイプの作品ですね。

今の私の悩み、モヤモヤの原因がこのあたりの感情なのかもしれません。

 

以上気になる10作品でした。

休日、元気がなくてやる気が出ない時の対処法を4段階に分けて紹介します

やる気がでない休日

やる気がでない休日

平日慌ただしく働いて、疲労とストレスをたっぷりとためこんで、休日になるとそのままばたんきゅ~。元気もやる気もスッカラカン。

ダラダラと休日を過ごし、いつの間にかサザエさんが始まり、今日もまた一日を無駄に過ごしてしまって、なんてこったと自己嫌悪。

このままでは駄目だと思うけど、やっぱりやる気が出てこない、わいてこない。

部屋の掃除や日用品の買い物、資格取得の勉強、はたまたどこか旅行に出かけたり。

本当はやりたいことがいっぱいあるのにだるくて二の足を踏んでしまう。

自分もよくこんな状態になります。まるで波に揺られる海藻のようにふーらふら。

そんなアンニュイな休日の過ごし方や対処法を、やる気度別に4段階に分けて書き出してみました。

 

少しやる気が出ない:ほんのちょっとだけ外に出る

「なんかちょっとやる気出ないなぁ」ぐらいの比較的軽い状態ならば5分、いや10秒だけでもいいのでちょっとだけ外に出てみます。

まずはふらっと歩くだけ。目的はなくてかまいません。

もうちょい歩けるなと判断したら辺りを散策してみます。できれば夜じゃなくて日中で。

なぜなら日の光を浴びると、幸せホルモンと呼ばれるセロトニンという神経伝達物質の分泌量が増えるからです。

心身の安定に関わってくる大事なものです。

ウォーキングみたいに早歩きまではしなくて大丈夫です。そこまでやるとちょっとしんどいですし。

いきなり外出するのが億劫に感じたら、まずはベランダに出て日向ぼっこでまったり。外の空気を吸うだけでも違ってきます。

 

 

なんだかやる気が出ない:家の中でできることをする

Youtubeで動画を見たり、Amazonプライムで映画を見たり、お気に入りの音楽を聴いてリラックス。

最初は上記のような受動的なものだけでかまいません。自分が何もしなくても楽しめるものでゆったりとした時間を過ごします。

もうちょい余裕がある場合は本を読んだり、ネットサーフィンで情報を集めたりと能動的なことも試してみるとGood。

同じ体勢だと体に負担がかかるので、寝っ転がったり座ったり、立ち上がって背伸びをしたりと体を少し動かすことを意識します。

 

やる気0。だるすぎる:ただぼーっとする

何もしません。ただぼーっとするだけです。自分の中で「何かやりたいなぁ」という思いがわき上がるまで何もしません。

「暇だなぁ」と感じてきたら、やる気が徐々にですが回復してきたことの証拠です。

上記に書いてある家の中でできること、または日向ぼっこや散歩に挑戦してみましょう。

やっぱり無理だと思ったらまたぼーっとしましょう。何も焦る必要はありません。

 

無理。動けない:寝る

本当にまったくやる気が出ない時は、頭の中でいろいろ考えるだけエネルギーの無駄です。

寝ましょう。何もしなくてOK。むしろそこまで弱っているなら、何かしようとしても疲れるだけなんで逆効果。

おやすみなさい。Zzz…。

 

やる気は消耗品 有意義な一日という思い込みに負けないで

やる気は消耗品です。スッカラカンなのにいきなり全快し、MAXまで回復するものではありません。

仕事や家庭、日常生活でストレスに晒され、体も心も疲れ切っているんです。

休日だからといって、旅行に行ったり、友人と会って遊んで騒いだりと、とにかく体を動かしてやる気を出そうとしても余計に疲れるだけ。

何もしないことを恐れてはいけません。ダラダラするのも大事なこと。世の中みんながみんなマッチョなわけじゃないんです。

何より大事なのは,有意義な一日にしないといけないという思い込みに負けないこと。休日まで自分を取り繕わなくていいんです。

焦らずに時間が癒してくれるのを待ちましょう。

関連記事:やる気が出ない憂鬱な日は一体どうすればいいのか やる気が復活する改善策を3つ紹介します

SBI証券、楽天証券の個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の手数料が無料に!

手数料無料化

手数料無料化

2017年5月18日より楽天証券が、翌日5月19日よりSBI証券がiDeCo(個人型確定拠出年金)の口座開設手数料および口座管理手数料の無料化をスタートさせました。

 

今までの手数料

本来、楽天証券は口座管理手数料として月々210円、SBI証券は324円支払う必要がありました。SBI証券の場合それプラス口座開設手数料として1,080円かかっていました。

どちらも以前から新規加入者にむけてキャンペーンを行ってはいましたが、期間が限定されていました。そのキャンペーンが今回、無期限延長となった形です。

関連記事:SBI証券のiDeCo(個人型確定拠出年金)手数料無料期間延長

キャンペーン適用者の人は、そのまま期間が過ぎても0円のままとなります。キャンペーン以前に加入していた人も適用となります。

 

無料化以後のiDeco(個人型確定拠出年金)の諸経費は

SBI証券、楽天証券に支払う口座管理手数料、口座開設手数料は無料となりました。

ただし、国民年金基金連合会および資産管理サービス信託銀行への手数料は必要ですので、完全無料となったわけではありませんのでそこは注意してください。

今回の無料化によってかかる手数料は

  • 加入時に国民年金基金連合会に支払う手数料2,777円
  • 国民年金基金連合会に月々103円(iDeCoの掛金を毎月支払っている場合)
  • 資産管理サービス信託銀行に月々64円(iDeCoの掛金を毎月支払っている場合)

となります。

またその他の確定拠出年金へ移換する場合4,320円の手数料が必要です。

 

今回の無料化によってSBI証券なら年間3,888円、楽天証券は2,520円お得になりました。

例えば今30歳だとして、原則引き出すことができる60歳まで積み立てていれば、手数料がSBIなら116,640円、楽天なら75,600円かかっていたのが無料となったわけです。これはでかいですよ。

 

これを機にまだiDeCoを始めていない人はSBI証券および楽天証券で口座を開設してみてはどうでしょうか?

SBI証券 確定拠出年金積立プラン(個人型401K)

楽天証券

 

iDeCoのメリットについては

関連記事:2017年より加入者範囲拡大 個人型確定拠出年金とは?

 

運用商品が一体どういったものか、また商品の選び方については

関連記事:楽天証券も商品発表 個人型確定拠出年金の運用商品はどれを選べばいいのか

こちらの記事を参照してみてください。

将来の不安や仕事の人間関係でのストレス、イライラの解消法を紹介します

不安やストレス,イライラ解消

不安やストレス,イライラ解消

将来のことを考えると不安がよぎる。人間関係でストレスがたまる。失敗や不運が重なって落ち込んでしまう。

そんな悩みを少しでも減らしたいと思っているのなら反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」をおすすめします。

帯には、出家僧や原始仏教などど書いてあったので、堅苦しくて説教臭い感じの本なのかなと思っていたんですが、実践的・実用的なことが書かれてあって、すぐにでも日常で活かせます。

特にこれは!と思ったところをいくつかピックアップしました。

仕事・人間関係の悩みの正体は執着にあり 執着を手放そう

では、悩み・苦しみの〝原因〟は、一体何でしょうか?  仏教の世界では、「苦しみの原因は〝執着〟にある」と、よく語られます。

執着とは、手放せない心。どうしてもしがみついてしまう、こだわってしまう、怒りや、後悔や、欲望といった思いの数々のことです。

執着してしまう人は、どうでもいいことでいつもイライラしています。執着を手放せば、悩みや苦しみから解放されて、もっとラクに生きることができるんです。

どうでもいいことに異様にこだわる、めんどくさい上司にうんざりしたことはありませんか?

彼らも執着を手放せば、もっと穏やかに日々を過ごせるのに、常に怒りや苦しみに囚われ続けています。

彼らのようにはなりたくないですよね?本書では執着の根底やその解消法についても書かれています。

関連記事:どうでもいいことにこだわる人の特徴3つ

 

「ラベリング」で心の状態を言葉で確認する

仕事中でも、家族といるときも、「今、自分の心は、どんな状態だろう?」と意識するようにします。

「疲れを感じているな」「気力が落ちているな」「イライラしているな」「考えがまとまらないな」というように、客観的に確認します。

「言葉で確認する」ことを、仏教の世界では「ラベリング」(ラベル貼り)と呼ぶことがあります。

心の状態にぺたりと「名前」を貼って、客観的に理解してしまうのです。

疲れたりイライラしているのを我慢したり抑え込むのではなく、その状態を理解することによって気持ちを落ち着かせるという点が重要ですね。

自分を客観的に見ることで気持ちを落ち着かせるというテクニックはビジネスでも使われていて、自分の姿を遠くから第三者の視点で見ているようにイメージすると、気持ちが落ち着くという方法を聞いたことがあります。

不安な気持ちにおそわれたら、まずはラベリングを心がけましょう。

 

カラダの感覚を意識して反応や妄想をリセットする

もしあなたが、これ以上悩みを増やしたくない、充実感を大事にしたいと願うなら、テキトーな反応、妄想を減らすことです。

そのために「カラダの感覚を意識する」ことを習慣にしてください。悩みはいつも「心の内側」に生じます。

だから、悩みを抜けるには、「心の外」にあるカラダの感覚に意識を向けることがベストの方法なのです。

悩みや妄想は真実ではありません。あなたが勝手に思い込んでいるただの勘違いです。

言葉で確認することと、カラダの感覚を意識することと言うのはとても重要なことで、昨今流行しているマインドフルネスなんかもまさにこれです。

具体的なやり方が載っていたので実際に試してみましたが、たしかに落ち着きます。

イライラした時や不安になった時は、カラダの感覚に意識を集中させることを日頃から意識してみましょう。

 

ムダな判断をして悩みを自ら作り出すのはもうやめにしよう

人が悩んでしまう理由の一つは、「判断しすぎる心」にあります。

「判断」とは、この仕事に意味があるとかないとか、人生は生きている値打ちがあるとかないとか、彼と自分を比較すれば、どちらが優れている、劣っているといった「決めつけ」「思い込み」のことです。

「どうせ自分なんて」という自虐も判断。「失敗した」「最悪」「ついてない」という失望や落胆も判断。

「うまくいかないのでは?」という不安や尻込みも、「あの人はキライ、苦手」といった人物評も、判断です。

「どうせ自分なんて」という言葉は、私も心の中でつぶやいたことがあります。

たしかに、自分が駄目な人間かどうかを、自分の中で勝手に判断していたんだと言われればそうだったなと思います。別に人の好し悪しの絶対的な判断基準なんかありません。

「ここから先は駄目な人です。ここまでなら駄目じゃない人です。」なんて聞いたことないです。

判断はただの思い込みなんです。今を見すえて自分ができることに専念すること。それが重要。

自分で自分を決めつけてしまい、身動きが取れなくなって苦しい思いをしている人は、判断し過ぎる心をなんとかしないといけません。

過去のつらい経験に引きずられて今を思うように生きられない人は、どうせ自分なんてと思うことをやめましょう。

自分なんて駄目な人間なんだという勝手な判断は、妄想にすぎません。

 

バーチャルな競争から目を醒まそう

バーチャルな競争に乗っかってしまうと、降りられなくなるのです。「成績が良い」「アタマが良い」「勝利」「プライド」──どれも承認欲が作り出した妄想でしかないのに、そこから降りれば、「劣っている」と思われてしまいます。それがイヤだから、どこまでも勝ちつづけようとするのです。

学校では通信簿やテストで点数をつけて「お前の価値はこのぐらいだ」と格付けされます。ちょうどこの辺りから自分と他人というものを意識しだす時期です。

これが毒ですね。猛毒。いったん肩までどっぷり浸かってしまうと、バーチャルな競争から抜け出せなくなり、一生もがき苦しむことになります。

大人ですら日頃行っているバーチャルな競争に、何の疑問も持たずに生活しています。そして飽くなき承認欲を満たすために、どんどん疲弊していくのです。

勝つ負けるのやり取りに、正直うんざりしている人もいると思います。

ただ本書では競争から降りるのではなく、その競争社会の中において「人の役に立った」など別の価値基準を持とうと書かれています。

競争から降りてひっそりと暮らすのもそれはそれで楽しそうですけどね。

競争に浸りきっている人が見れば、勝負から逃げた負け犬かもしれませんが、欲には果てがないんです。

一生満たされない渇きを持ったままの人生を過ごしたくはないですよね。

自分を縛り付けているのは自分自身。余計な事を考えて消耗しているなと気が付いたらラベリング。次に感覚に意識を向ける。そして今できることをやっていく、やってみることに意識を集中させましょう。

総務省がふるさと納税返礼品を規制し上限3割となるよう要請で地方困惑

悩む

頭を抱える

総務省が4月1日付けで、ふるさと納税の返礼品を寄付額の3割を上限とするよう地方自治体に要請しました。

今までは還元率が高いもので寄付額の5割から6割程度だったのですが、競争が過熱しておりこのまま続けば制度への信頼が損なわれるとして国がストップをかけた形です。

通知に強制力はないが対策を取らない自治体には個別に改善を促す」とのことなので、どの自治体もこの流れに従うことになるでしょう。

東京23区、ふるさと納税で200億円減収

ふるさと納税によって、東京23区の税収が2017年度は200億円減収する見込みとのこと。

地方と張り合う返礼品がないから規制するように見えてなんだかなぁって思っちゃいます。何か名産品とかないんですかね?

そもそも地方自治体の格差是正を推進するために考えた制度じゃなかったんですか?

ふるさと納税のせいで減収したから規制して減収なんとかしようって、地方は振り回されるばかりです。

こうなることを考えてなかったんでしょうか。

 

家電製品や商品券、楽器、家具、宝飾品などは資産性が高いため規制対象

通知を受けてさまざまな地方自治体が対応せざるを得なくなりました。

パソコンやカメラなど家電製品のふるさと納税を数多く取り扱っていた長野県伊那市では、調達価格が10万円未満のものであれば資産性はないとして、今後も継続して返礼品とする独自のルールを決めました。

しかしそれでもまだ総務省からは批判されているようです。

静岡県磐田市はヤマハなど楽器作りが有名ですが、楽器も資産性が高いとして返礼品にしないように求められました。

地域と関連がないものは駄目ですけど、地元を象徴する工業製品ならPRになるんで趣旨から外れているとは思いませんが、換金性が高くすぐ転売できてしまうのがネックなんでしょう。

 

ふるなびグルメポイント5月より還元率5割から3割に

ふるなびグルメポイントとは

ふるなびグルメポイントとはふるさと納税サイト「ふるなび」独自のポイントで、提携している自治体にふるさと納税を行うことで、寄付金額に応じたポイントが付与されます。

有効期限はなく、いつでも好きな時にポイントを利用して提携した店舗の食事が楽しめます。

今までは還元率が5割だったので2万円寄附すれば1万ポイント貰えましたが、5月からは5割還元から3割の6000ポイントになります。

また、今まではさまざまなコース料理に使えましたが、今後はふるなび限定コース料理を返礼品とする新たなサービスへ移行する予定です。

このように5月からふるなびグルメポイントがガラっと変更されますので、もし利用する予定なら4月中に寄附を行っておきましょう。

 

ふるさと納税の寄附はお早めに

本来の趣旨としては寄附だとしても、返礼品欲しさや税金控除のためにやってる人が大半でしょうし、今回の規制に不満があるとしてもそれは当然だと思います。

納税額が多いほど得をしてしまうとしても、地方が頑張って寄附を集めて潤うなら別にそれでいいのに、わざわざ水を差さなくても。

それなら地方じゃなくて高額納税者をどうにかした方がいいんじゃないでしょうか?

せっかく税に関する興味関心がみんなに芽生えて来たのに、このまま盛り下がっていけばまた元に戻ってしまいます。

これからふるさと納税はどうなっていくんでしょう。なんにせよ今年は早めに済ませた方がよさそうです。

ふるさと納税サイトは電化製品を探しているならふるなび、取り扱っている特典の多さならさとふるあたりが便利です。

PTAなくなってしまえ大賛成!余計な行事に行きたくない参加したくない

余計なことはしない

余計なことからの解放

「PTA早くなくなれ、なくなってしまえ」という匿名ブログの投稿が話題になっています。

私もベルマークやペットボトルのキャップを集めたり、草むしりをしたりそんなこと別にしなくていいじゃん派です。どうぞやりたい人達でやっててくださいとしか思いません。

でもそれを許さない「みんなやってるのになんでお前はやらないんだ」っていう空気がすでにできあがっていて、任意参加という名の強制参加なものになっているある種、定番のやつですね。

人が集まると大体そういう雰囲気の組織が形成されます。みんなそうなっちゃうと息苦しいのは分かっているはずなのになぜか毎回懲りない。悲劇は繰り返されます。人間の業であります。

 

足の引っ張り合いにうんざり

大体こういう行事に参加したくないと言うと「みんなやっているのにお前だけずるいぞ」という不幸のおすそ分け、足の引っ張り合いが始まります。

そしてこっちがやりたくない理由を説明すると、子供のため、社会のためとボランティア精神の尊さなどを説いてきます。

何かそれっぽい”常識”や”正論”だとその人の中で勝手に思い込んでいるものでこちらを抑え込もうとします。

最後には開き直って「じゃあ勝手にすればいい。どうなっても知らないよ?お前が不幸になるだけだからな」という類の捨て台詞を吐き嫌がらせを行う。いつものパターンに陥ります。

毎回毎回そのパターンで正直うんざりしませんか?

たまにはこちらの予想を上回る、ハッと気づかされるようなこと言ってみなよと思いますが、そんなもの元々しなくてもいいものにありはしません

 

 思考停止で盲目的な人達

昔からずっとやってきたからと思考停止してる人が絶対います。なぜ?と疑問に思ったことすらないはずです。

盲目的でなんだか怖いんですよそういう人って。その人からすればPTAに参加しない人って不良みたいなもので、善意を持ってこちらを悪の道から更生させようとしてきます。

昔から長いこと活動しているから立場的なものも上で、その人に従わないと面倒なことになってしまうので渋々従っている人もいます。

PTAは絶対必要+波風立てないように大人しく従おう連合軍 VS PTAは必要ないと思う少数のレジスタンスじゃ少数派の勝ち目は薄いです。よっぽど何か秘策がないと数で押し切られます。

 

関連記事:前例がないから認めない  日常生活や会社の慣例や通例を盲信するのはなぜ?

 

余計なことはしなくていい 人生は有限

PTAに限ったことじゃなくて、ありとあらゆる年中行事や会社行事なんてどれもしなくていいものばかりです。

どれもごちゃごちゃとやらないと駄目な理由を後からくっつけてるだけ。

自分を無理矢理納得させるような理由をでっちあげないとできないようなものに、時間を取られたくありません。

私はもっと自分の時間を持ちたいです。そのために、自分のための時間を最優先で確保しなければいけません。

自分の時間を確保するためには、余計なことをどんどん手放す必要があります。もっと身軽になって軽やかにスッキリと生きていきたいのです。

世の中にはやらなくていいことが多すぎます。もっと何をやるかだけじゃなくて何をやらないかにも目を向けたほうがいいと思いますよ。人生そこまで長くないんですから。

 

今回の話題がいろんなニュースサイトに掲載されて反響があるってことは、みんな本当は早くなくなってしまえと心の中では思っているけど、周囲との摩擦を避けたいからぐっと我慢してるんでしょうね。

なくなるまで耐えるか、ひたすら逃げ続けるか、それとも戦いを挑むか。あなたはどうしますか?

なんだか考えただけでめんどくさくなってきたんで、是非とも一刻も早くなくなってほしいです。

面接対策はバッチリなのに… 職場にいるコミュニケーション能力だけ高い人の特徴

面接

面接

現在働いている職場や、以前働いていた職場のどちらも採用試験で面接がありました。

面接って就職活動を行う人達の大半が通る道なんで、いろんな話題がこんな感じでちょいちょい取り上げられて盛り上がります。

面接官「空はなぜ青いと思います?」←就職面接での”キラークエスチョン対策”まとめてみた

こういう話題を見るたびに、ウィットにとんだ素晴らしい回答を瞬時にひねり出すのは私には無理だなと痛感します。

面接が採用者を決める最重要ポイントなのは分かります。企業もできるだけ優秀な人を採用したいはず。でも喋るのがどうにも苦手な人っていますよね。

私も口から言葉を発するコミュニケーション方法って苦手なんですけど、面接ってそういった人達が不利じゃないですか?

日本経済団体連合会の新卒採用に関するアンケートによれば選考にあたって特に重視した点が13年連続で「コミュニケーション能力」だったそうです。

ちょっとコミュニケーション能力偏重主義過ぎる気がします。

しかしそうやってコミュ力が高いと判断されて採用された人達も、結局職場の業務をちゃんと回せていなかったり、人間関係が原因で退職してしまったりうまくいかないこともあるようです。

なまじコミュニケーション能力が高いがために、口だけは達者だけど他の能力がそれに追いついていない人をちょくちょく見かけます。

 

自分で調べようとしない

分からないことがあれば、なんでも他人に聞いて解決します。

もちろんそれ自体は何も悪いことではありませんが、一切自分で調べようとはしません。問題を自力でなんとかしようという意識が乏しいのです。

事務仕事をするにしても、キーボードのNumLockがONになっていないことを何度も何度も聞いてきたり、エクセルで罫線の書き方が分からなかったり、ファイルをどこに保存したのか分からなかったり、ファイルのショートカットの作り方を知らなかったりとひどいもんです。

そのぐらい自分で調べてなんとかしなさいよということばかり聞いてきます。あなたが持っているスマホはただ会話ができるだけの板切れじゃないんですよ。

それ使って検索すればいくらでも解決策出てくるでしょうに。検索しようともしない。とにかく人に聞く。

人に聞くんだけどまた同じような問題に直面すると、結局以前教えてもらったことを忘れているという。

自己解決能力がまったくないのです。というかコミュニケーション能力が高いとされている人ってPCの知識がなさすぎる傾向にある気がします。

 

他人を道具扱いする

上記のように調べようともせず教えてもらうばかりの人は、他人を使い勝手のいい道具扱いしています。

よく人を使える使えないって言う人いますけど、あれ聞くと本当に気分が悪くなります。

知識を持っていないが故に、持ち前のコミュニケーション能力を駆使して他人を利用することばかり考えています。

自分は覚えようとする気がまったくありません。他人を外部記録装置か何かと思っているんでしょう。

そういう人達のせいで時間を浪費してしまうのは非常にもったいないです。たとえ上司であろうともNOと言わなきゃいけない時はきちんとNOと言わないと駄目ですよ。

そういう人達って他人の時間を奪っているという意識も希薄です。道具として利用されないように気を付けましょう。

関連記事:時間泥棒は給料泥棒よりも悪質 余計な人間関係から距離を置こう

 

責任回避能力に長けている

自分で調べず、他人を道具扱いし、ひたすらコミュニケーション能力だけでゴリ押ししてきた人は、最終的に責任回避能力だけは長けているめんどくさい上司になります。

言葉巧みに自分は悪くないと責任を回避し、他人に押し付けてきます。年功序列の会社で、長年勤めている場合特にこの傾向が強いです。

結局口だけで困難を切り抜けてきたので、自己解決能力がなく他人を犠牲にして評価を落とすことで相対的に自分の評価を上げて居場所を確保します。

そんな上司の元で働くことになってしまったらもう最悪。さっさと逃げましょう。

関連記事:見苦しい自己保身に走る上司を見てこうはなりたくないなと思った。

 

面接でコミュニケーション能力が高いと判断した人ばかり採用したとしても、案外うまくいかないんじゃないでしょうか。

同じような人ばかり採用してしまうと同じような考えしか出てこなくなり、会社が極端な方向に向きやすく危険です。

職場にはコミュ力が高い人や低い人、もっといろんな人がいていいと思うんですけどなかなか違いというものを許容できない人が多いんで息苦しいんですよね。みんなしんどくないのかな。