SBI証券のiDeCo(個人型確定拠出年金)手数料無料期間延長

手数料無料期間延長

SBI証券が行っていたiDeCo(個人型確定拠出年金)新規加入キャンペーンの期間が延長になりました。

※2017年5月19日から恒久的に無料となりました!

関連記事:SBI証券、楽天証券の個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の手数料が無料に!

スポンサーリンク
レクタングル大

2017年6月30日までキャンペーン延長

当初は2016年9月23日から2017年3月31日までのキャンペーン期間でした。

今回の延長で6月30日までSBI証券の個人型確定拠出年金プランへの加入・移換時の手数料1080円無料、さらに月々の口座管理手数料も2017年6月分まで無料になります。(ただし国民年金基金連合会および資産管理サービス信託銀行への手数料は必要です)

そもそも手数料って何がどのぐらいかかるの?

加入・移換時手数料

SBI証券のiDeCoに加入または移換する際に、国民年金基金連合会という個人型確定拠出年金の実施主体となっているところに2777円支払う必要があります。

またSBI証券でiDeCoを行う場合は運営管理機関(SBI証券)に1080円支払わなければなりません。今回のキャンペーンで無料になる1080円はSBI証券に支払う手数料です。

口座管理手数料

iDeCo運営期間中、毎月支払わなければならない手数料です。

国民年金基金連合会に103円(年間1236円)、事務委託先金融機関(国民年金基金連合会から委託を受けて積立金を管理する信託銀行)に64円(年間768円)、運営管理機関(SBI証券)に324円(年間3888円)支払う必要があります。

この月々324円が今回のキャンペーンで無料になる手数料です。ちなみにiDeCoの残高が50万円以上の場合はこの手数料は無料になります。

この他にも他の運営管理機関に変更する際に4320円必要だったり、受け取り時に振込の都度432円の手数料がかかります。

SBI証券でiDeCoを始める時、本来なら加入・移換時に必要な額は2777円+1080円=3857円で月々103円+64円+324円=491円が必要になります。

ここから1080円と月々の324円が無料になるお得なキャンペーンということですね。

現在SBI証券への申し込みが非常に多く書類の締切日も変更されています。以前は1日から14日までに書類が到着すれば翌月から引き落としがスタートしていましたが、今現在は1日から5日までとなっています。

キャンペーン期間を無駄にしない為にも早め早めに行動に移しましょう。このままキャンペーン期間が伸びていってずっと無料になってくれたら最高なんですけどね。

SBI証券はiDeCoに力を入れています。加入者もどんどん増えており、やるとやらないでは今後さらに差が開いていきますのでまだ始めていない人はこの機会に加入を考えてみてはどうでしょうか。

SBI証券 確定拠出年金積立プラン(個人型401K)

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

フォローする