情報の断捨離をして頭をスッキリさせたいので捨てても問題なさそうなものを考えてみた

断捨離

昨今では、「シンプルライフ」「ミニマリスト」「断捨離」等のモノを持たず、または捨てて最低限で生きていくなんてことを目にする機会が増えました。

私の場合、あまり物欲がないので物はそんなに持っていないのですが、近年の情報化が著しい世の中で、必要とする情報を得るまでに様々な不必要な情報が入ってくることが多くなってきたため、情報の断捨離をして、捨てても特に問題なさそうだなと思ったものを挙げていきたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大

テレビをボケっと見て得た情報

テレビは最近ほぼ見なくなりましたが、今の所まったく支障ありませんので捨てても大丈夫な情報かなと思います。

至って普通に生活できてます。まあ流行のタレントやお笑い芸人の名前なんかは一切知りませんがなんにも問題ないですね。

ニュースなんかにしても1日経てば忘れられそうな内容なら特に見ようとも思いません。

SNSで勝手に流れて来る情報

Twitterのトレンドなんかを見てもらえば分かると思うんですが、そのほとんどがどうでもいいことです。どうでもいいことがズラズラ並んでいるだけです。

ブログのネタなんかを探す際にいろんなサイトの最近のトレンドを調べてみましたが有意義な情報というものは中々見つかりませんでした。そしてここでもテレビの内容が載ってきたりします。

GoogleやYahooで調べればすぐに出てくる情報

  • サロマ湖の面積はいくら?
  • 北岳の高さはいくら?
  • 歴代徳川将軍の名前は?
  • 潮の干満によって起こるアマゾン川を逆流する潮流をなんという?

このような調べればすぐに出てくるような情報をわざわざ頭に覚えさせる時間も脳のスペースも勿体無いです。特に日常でポロロッカの話をすることもないと思いますんで。クイズ番組に出るのなら話は別ですけどね。

どうせ覚えるなら調べればすぐに出てくる名前や数字じゃなくてそれらが一体どういったものなのかという本質を覚えることが有意義だと思います。

受動的に得た情報は自分という人間に最適化されていないので無駄が多いですね。能動的に必要な情報だけを掴んでいき、余分なものは持たないようにしていきたいです。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

フォローする