自己否定は治さなくてOK ありのままの自分を受け入れよう

自己否定してもいい

「どうせ私なんて駄目な人間なんだ。」そうやって自分で自分を傷つけてしまうことって今まで生きてきた中でありませんでしたか?私はしょっちゅうあります。

なぜこういうことをしてしまうかというと必要以上に傷つきたくないからと、こんなに「自分を低く見積もっている」自分というものを相手に褒めてほしいという承認欲求的なものがあるのかもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル大

傷つきたくない

もし、言われたくない嫌な言葉を相手がこちらに投げかけてきても「ええそうですよ私はダメな人間なんですよ。どうせ私には無理なんです。」と心の中で思うことによって相手から発せられる嫌な言葉を完全にシャットアウトして傷を浅くするのです。

自分が悪いとは言っていますが別に本当に自分を嫌っているわけではないのです。自分のことが好きだからこそとってしまう行動だと思います。

しかし本当に大嫌いになるまで自分のことを傷つけてしまうのは本末転倒です。傷がより深くなってしまい、最悪病気になってしまいます。

分かってほしい

これだけ自分を否定し続けている自分を分かってほしい。認めてほしい。他人のことなんかお構い無しの自分勝手な奴とは違うんだ。自分はこんなに自分に対して厳しいのになんで認めてくれないんだと遠回しに他人を批判していたのかもしれません。

しかし他人は他人です。自分の評価を他人に依存してもしょうがないのです。自分が自分のことを分かっていればそれでいいのです。自分だけでも自分のよき理解者になりましょう。

自己否定を誘発させる人に近づくな

あんまり自己否定ばっかりしていると自分は本当に駄目な奴なんじゃないか?と錯覚を起こしてしまいますのでそうならない為にも、とにかく相手を否定してくる人には近づいてはいけません。そういう人間からの言動をシャットアウトしようと自己否定モードを誘発させるからです。

パワハラ、モラハラしてくる人間なんかは論外です。耳を貸す必要なんてありません。無視です無視。会社にこういう人間がいると最悪ですよね。

自分の弱さを受け入れて認めてあげる

素直になりましょう。自分にはそういう弱いところもあるんだと分かっているだけで十分だと思います。弱さをなんとかして克服してやろうとそればかりに気が向くのはすごく非効率的で時間が勿体ないので弱さは認めてそれでOK。自分の強みを見つけてそっちをさらに磨きをかけていけばいいのです。

人間誰しも完璧ではないし、弱いところもあります。自分は駄目な人間なんだと思ったならその自己否定を素直に受け止めて認めてあげましょう。決して自己否定している自分まで自己否定してはいけません。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

フォローする