これからブログを始める初心者におすすめ!『ブログ飯』で読まれるブログを目指そう

ブログを始める

当サイト脱集団(仮)のブログを運営して約8カ月程になりました。記事数は80、1カ月で大体10記事と他のブログと比べると結構スローペースなんじゃないでしょうか。

まあせっかく80記事書いたんだから、とりあえず100記事を目先の目標として、これからも書き続けていきたいと思っています。

なのでほんと今更なのかもしれませんが、そろそろブログの書き方みたいなものを勉強したほうがいいかなと思い、何か良さげな本がないかどうか探してみたところ、メッチャいい本を発見しました。

その名もブログ飯 個性を収入に変える生き方。すでにブログを書いてる人からすればかなり有名な作品だと思いますが、それも納得の良書です。

自分の中でこれは重要だと思った部分をいくつかピックアップしていきたいと思います。

ちなみに本中にある通り○○すればPV(ページビュー)数アップ!○○をテーマにすればガッポリ儲かる!みたいなテクニックについては書かれていません。

あくまでもブログを書く上での心構えなんかの基礎的な部分を中心に解説していますので、テクニックを身につけたい人は他の本を読んだ方がいいかもしれません。

しかし基礎体力をしっかりつけてからテクニックを磨く方が、テクニックの理解度が違ってきますのでその分上達も早くなります。

スポンサーリンク
レクタングル大

最も重要なポイントはテーマと目的

これからブログを運営していく際に重要なポイントを2つ解説します。一つ目は「何を書くか」(テーマ)について、二つ目は「何のために書くか」(目的)についてです。

テーマに関しては専門的なことを書ければ強いんでしょうけど、私はそんな専門的なことは書けないので、日々の出来事や学んだことから感じた事、考えた事みたいなざっくりとしたテーマで書いています。

みんながみんなそんな専門的なことなんて書けないです。肩の力を抜いて書きたいことを書いたほうが私はいいと思います。

何か好きな事があればそれについて書いていけばネタに困らなくてすみます。私の場合好きな事が思い浮かばなかったので、本書に書いてあるように、嫌いな事から逆説的に考えてみました。

私は会社という組織の中で他人と働くのが嫌だったので、自分で稼いでいく力を養おうと資産運用やセミリタイヤ、副業なんかについて書こうと決めました。

好きな事をパっと思い浮かべることができない人はこのネガティブ作戦おすすめです。

目的については私の場合さっきも言ったように自分で稼いでいく力を養うことと、もやもやした気持ちをブログに落とし込むことで、頭の中を整理して気持ちを落ち着かせることです。

みんなからチヤホヤされたい、自分の持っている技術や知識を広めたい等々なんでもいいと思います。

テーマと目的をはっきりさせると、途中で飽きて辞めてしまうようなことも起きにくいです。継続してブログを更新していき読者を獲得していきましょう。

他人との差が価値になる

むしろ他人との差こそが価値になるということを認識し、あなた独自の見解を交えた記事を書いていきましょう。

その結果、あなたの文章を読みたいというファンが増えていくのです。

人と同じことをするということは、特にインターネット上では無価値です。

最初のうちは一歩だけでも、いや半歩だけでも構いませんので、ちょっと日常のレールから踏み出してみませんか。

SNS上なんかでも一緒で、人と同じようなことを言ってもみんな見向きもしてくれないですよね。

いつもとは違う切り口、意外性、意表を突いた行動や発言をして相手を楽しませることができる人にはたくさんのいいね!がつきます。ブログでも同じことです。

私は集団生活においてとにかく浮かないように浮かないように他人と同じ考え、嗜好、価値観を持ち合わせているような人間の”ふり“をして生きて来たため、それが体に染みついているので人と違うことをするのは中々苦手です。

他人と違う趣味嗜好価値観を持っていると、それだけで攻撃的な人間の標的になってしまうんじゃないかと毎日息苦しさを感じていました。

しかしインターネット上では他人との違いが大きな価値になります。

他人のパクリなんてしたって無価値です。あなたらしさを存分に発揮していきましょう。素の自分をさらけ出していいんです。

私もブログを書くことを通して、自分が本当は何をどう考えているのかはっきりさせてそれを表現して同じ悩みや不安、疑問を感じている人に何か感じてもらえるものがあれば嬉しいなと思います。

自ら体験することで根っこを鍛える

根っこを鍛えるには、ごく単純ですが、とにかく体験することです。実感に裏打ちされた文章には、体験した人間でしか書きえない臨場感があります。

文章に説得力が増すのです。ちょっと検索して知った気になっている人間が書いたものと比べると、それは一目瞭然。ブログ全体の魅力にもつながります。

自分が体験したことっていうのはそれだけでオリジナルコンテンツです。

同じような体験をしたとしても、その時の感情はあなただけのものです。外に出て体験をして肌で感じることによって経験値を増やしましょう。

それをそのまま文章にしてしまえば上記にもあるように、それが他人との違いとなり価値になります。ブログの書くネタがないなんてこともなくなりますよね。

私も日頃からもっと色んな事に挑戦して体験や経験を積んでいかないとなあと思います。

今までブログを書こうとすると、インターネットを通して情報収集をしたり本を読んで知識を得たりと、室内で完結することが多かったです。

外に出て足で情報を探すということを今までやってこなかったので、これを機に取り入れていきたいです。

嫌な事から逃げないくせに、やりたいことと正面から向き合わない

お金が貯まったら、時間ができたら、今の仕事が一段落ついたら…などの理由で、やりたいことができないと嘆いている人をよく見ます。(中略)

嫌なことから逃げないで、なおかつ、本当にやりたいこととも正面から向き合わない人が、今の世の中には、とても多いと感じています。

嫌なことからは逃げていいんです。やりたいことを、とことんやればいいのです。

最後はブログを運営する上での考え方や方法ではなく、人生の生き方についての話になってしまいますが、この辺りの文章がかなりグサっと刺さりましたのでご紹介を。

逃げないことは美徳であると教えられ、そのことに対して常に疑問を持っていた私にはこの言葉は本当に救いになります。嫌な事を続けても決して幸せにはなれません。

逃げずに戦い続けるってストイックすぎます。戦略的撤退は人生において立派な戦術です。

自分の気持ちに正直になりましょう。他人との違いは価値になります。自分の好きな事、やりたい事を磨き上げましょう。

この本の良い所はただのハウツー本とは一味違う点ですね。読み物として面白いってそれだけですごい利点だよなぁと改めて感じました。

参考書とかでも読み物としておもしろければ苦も無くスラスラ~っと読めますからね。

紹介した内容以外でもためになることがたくさん書かれています。

これからブログを始めてみようかな?と考えている人や、どうやったらみんなに見てもらえるブログを作ることができるんだろうと悩んでいるブログ初心者の方には、是非とも読んでもらいたい一冊です。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

フォローする