会社に思考を乗っ取られてしまった上司の特徴3つ

偉そう

大体の会社には上司という存在がいます。人に命令を下したり、職員の仕事の評価をしたりしていますよね。

そんな上司ですが、世の中のすべての上司が所謂「理想の上司」というわけにはいかないものでして、役職、立場を利用して横柄に振舞い、時には大声を荒げて人格を否定したり、侮辱的な言葉を投げかけられた人もいるでしょう。

そのような上司の中には、日常生活と会社との区別もつかず、自分の思考が会社に乗っ取られた状態になってしまっている人が見受けられます。そんな上司の特徴を以下に挙げてみました。

スポンサーリンク
レクタングル大

会社を出ればただの人同士だということを理解できない

会社外でも横柄に振舞うタイプの上司は、会社という組織を形成する上での形として役職というものがあるだけなのに、その上司と部下という立場が始めから存在していたかのように振舞います。しかしそれはまったくの勘違いです。

現実にはそんなものはありません。お互いただの人間です。その会社に属したから出会っただけであって、それまではまったくの赤の他人だったはずです。

会社を一歩出ればただの人同士です。命令を下したり、人の行動の評価を決めたりする権利は上司にはありません。偉くもありません。このことをなぜか理解できないのです。

同じ会社に長年勤めて思考が停止してしまっている

同じ会社にずっと勤めていると、今働いている会社で行っていることは、他の会社でも必ず行っているに違いないと思い込んでしまいがちです。もちろんそんなことはありません。

偽装問題や虚偽報告等、昨今いろいろとニュースになっています。会社で行っていることは必ずしも正しいことというわけではないのです。

同じ職場で、同じ人間と、同じ時間を過ごし、同じ仕事を毎日行ってきたために視野が非常に狭くなっており、その環境に慣れきってしまって物事を考えることをしなくなっているのです。

昔から行われてきた悪しき風習に対しても、昔からやってきたことだからと改善しようともせず次の世代への受け継いでいくわけです。

退職しても現役時代の役職を引きずる

現役で働いていた時代、いかに自分が偉い役職、立場にいたのかを自慢げに話している人を見かけることがあります。しかしその人はすでに職を辞しており、ただのお年寄りです。

そしてそんな人は今でも自分の命令が他人に通用すると思っています。それは会社の中、閉鎖的な組織という極めて特殊な環境においてのみその効力を発揮できただけであって、日常生活においてはただのワガママでしかないのです。

人生の大半を会社に捧げてしまったがために、過去の会社での自分の栄光にすがってしまうのです。他人はあなたが働いていた時代のことなんて知らないし、特に知りたくもないのです。

このような人間にならないように日常に甘んじることなく、常識や当たり前などの言葉を鵜呑みにせず日々、自身の考えをアップデートしていけるようになりたいです。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

フォローする