時間泥棒は給料泥棒よりも悪質なので余計な人間関係から距離を置こう

時間泥棒

この前会社で、時間外の業務を無理矢理押し付けられそうになりました。

やんわりとお断りしてその場を後にしましたが、まったくいったい人の時間をなんだと思ってるんでしょう。

人の時間を無駄に消費させようとする人って、給料泥棒より悪質だと思うんです。本人はそんな意識ないのかもしれませんけど。

スポンサーリンク
レクタングル大

時間泥棒とは距離を置け

自分のやりたいことをしっかりと取り組む為には、時間泥棒から身を守らなければいけません。

無駄な会議や飲み会など、時間の無駄遣いを強いてくる人達からは距離を置きましょう。さもなくば、どんどんあなたの時間を吸い取ってきます。

自分の時間を大切にしない人が、他人の時間を大切にするわけがないのです。そんな人とは無理に付き合う必要なんてありません。

余計な人間関係や人付き合いはやめにしましょう。全ての人と良好な関係を築こうなんて考えてても疲れるだけです。

余計な人間関係をなくすことによって時間の余裕が生まれて、やりたいことに時間を割くことができますし、本当に大切な人との付き合いの時間を増やすこともできます。

何が有意義なのかは自分が決めること

昔職場に「どうせ家に帰っても特に何もやる事ないだろう?」と決めてかかってくる人がいましたけど、帰って何もする事がないのはあなたのほうだろうとツッコミたくなりました。

有益な時間の使い方は人それぞれであって、他人が決めることではありません。それこそ一日中ゴロゴロしていても自分がそうしたいと思ったらすればいいのです。

それなら仕事をしたほうが有意義だなんて言う人の言葉なんて聞かなくていいです。ゴロゴロしたいと思った本人にとってそれ以下なんですよ仕事ってもんは。

自分が納得できない、やりたくもないことに時間を使うなんてあってはならないことです。他人に振り回されるのはやめて、もっと自分の為に時間を使いましょう。

関連記事:人生を後悔しないためには他人や世間に合わせないで自分で決めること

過ぎた時間はどうにもなりません。いくら悔やんでも過去にはもう戻れないのです。

Time is money(時は金なり)なんていうことわざがありますが、Time is Life(時は人生なり)でもあるのです。

人間は千年も万年も生きられるわけじゃないんですから、限りある時間の中で自分の人生を生きていきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

フォローする